志村貴子フィーバー、スタートいたしました

う~ん、どっさり★『敷居の住人』が届いちゃいました。


ちょうどギフト券が届いたのでオトナ買いイエーイ。
まずは1巻読了。そして驚いたことには。
デッサン力の高さといったら!
初単行本って普通もっとこう、「わあ」ってかんじだったりしません?全然書き慣れてます。破綻がない。コマ割りとかトーンの貼り方とかもこなれてるし(ってわしゃ何者だ)。同人誌が盛んな時代の新人作家さん、侮りがたし。
いやあすごいな。嬉しくなっちゃいました。
カラーはさすがに『放浪息子』のほうが断然洗練されてますね。

で、よく言われてる「志村貴子は1~2巻は面白くない」ってそんなことなくないですか?フツーに面白いけど。もっとオモロないマンガいぱいあるヨー(´・ω・`)
「面白くない」の定義が違うのかな。どうだと「面白い」んだろう。『○○○○○○○○○○○○○』(って伏せ字長っ)とかが受けてる世の中だからなあぶつぶつ。
えーげほんがふん。ごにょごにょ。
続きを読みます。
*関連あひる記事*
オスカル症候群 ~志村貴子『放浪息子』
魅力的な「小学生マンガ」とは。~色々マンガレビュー
Japan Blogger Conference、これがすべての始まりで御座いました…..。続く。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “志村貴子フィーバー、スタートいたしました”

  1. 二鳥くん、キミはblogをやりなさい。~『放浪息子』5巻

    志村貴子『放浪息子』5巻、やっと出ました。
    もう月1冊くらいのペースで出してほしい。
    ネタバレはしませんが、ストーリーには関係ない細かいところをちょぴっとだけご紹介させて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です