うちの子のお店やさんごっこ

TR「母ちゃん!お店やさんごっこするよ!こっちきて!早く!」

とある日の夜、歯磨きするよー、と呼んでいたのはこっちのはずだったんだけど…まあいいか珍しく早い時間だし…はい来ましたよ。

TR「はーいまだ開店してないのであっちいっててくださーい」

えっ呼んだのに?
斬新な接客だな。
はいわかりました…

ちょっと離れたところにいたら、とことことやってきてタロー、

TR「はーいこれ食べて待っててくださーい」




(参考画像)




ピザ。
おもちゃのですけど。
ピザ。
重い。サービスでちょっとつまみながら開店を待つには重い。

TR「はーい鐘が鳴ったら開店ですからきてくださーい」

鐘??
と思ったら、テーブルの端にあんまり使っていないレードルをセロテープめちゃ貼りでぶら下げており、拳法のように両足を踏ん張ってビシッと構えてから発泡スチロールの水鉄砲で一擲。鳴った音はカロロンて感じでしたが作法がまるでドラ。星野源ちゃんか。

TR「いらっしゃいませー。もうご用意してありますのでどうぞー」

はーい、あら可愛い!テーブルにおままごとのお料理が等間隔で並べてある!
しかも一皿一皿の感覚がすごくあいてて端にはかなり手を伸ばさないと届かない斬新な配置。いただきまーす。ぱくぱくぱく。

TR「あっこれジュースだから!先に飲んじゃダメ!こっちから!」

えっすいません。こだわりの名店か。順番間違えたら怒られた。高菜食べてしまったんですかか。
お店で食べる時、ジュースでお腹いっぱいになると食べなくなっちゃうのでジュースは最後ね、とか確かに私よく言ってるんですが、こんなきつい言い方はしてない、と思うんだけど…してるのか…?

TR「はいこっちの黄色いカップがチョコジュース、オレンジのカップがお茶です。覚えてくださいね?」

えっ覚えるの?ええと…(いつもカップの色と中身の色が呼応してるからつい)黄色がレモンだっけ??

TR「違う!チョコ!」

怒られた!
こだわりのラーメン屋みたいだなうちの子の店…

そしたらタロー、ラップの芯を持って来て口にあて、私の耳に向かってひそひそとメニューの説明を始めました。筒ごしの接客。

TR「次は、トマトと、アボカド、ソーセージ、にんじん、かぶ、この中から5つ選んでください」

えっ??も、もう一回言って??
1トマト、2アボカド、3ソーセージ、4にんじん、5かぶ…の中から、い、5つ…?
ぜ、全部…お願いします…?

その後、客が選んだ旬の食材からメインの一皿を作って持って来てくださいました。
たまに余裕のある時につきあうと楽しい、接待おままごとの一幕でした。
そうなのです、子供のご機嫌を損ねると炎上するのでひたすら太鼓持ちを務める、子供相手の遊びを「接待〇〇」と呼ぶらしいのです。言い得て妙。例:接待レゴ、接待おえかき、接待プリンセスごっこ、等等。

TR「お会計はー、ひゃくまんせんごひゃくにじゅう円です」

たっか!!!!
びっくりするといちいちウケます。

ーーーーー
関連あひる
このお店やさんごっこ、羨ましがって父ちゃんが加わろうとすると→
2018-03-02 うちの子のお店やさんとオットくん

関連リンク。
実在するんだ!しかもまだ営業してらっしゃるんだ!
【驚愕】あの伝説の「高菜食べてしまったんですかっ!?」のラーメン屋から高菜が消えた!? | ガジェット通信 GetNews




ハートをつける ハート 10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です