『龍が如く5 夢、叶えし者』がバラエティに富みすぎていた



最近は新撰組版が出ちゃってますが、うちではコツコツと前作5をやってました。面白かったです。なんというかこう、相変わらず凝りすぎててサブクエも含めてボリュームたっぷりお腹いっぱい。今回びっくりだったのは、ヤクザゲーをやってるつもりだったのに気づいたらなぜか雪山でマタギになって熊と素手で戦ってたり、うら若い娘さんになってアイドル目指してダンスバトルとかやったりしてたことです。なぜなのか。


一章ごとにキャラが変わっていろんなキャラを操作できるんですが、最初の桐生さんからしてまず福岡で粛々とタクシー運転手やってるし。サブクエはタクシーミッション。一時停止とかきちっと守って急停止もせず超安全運転しないとお客さんがびっくりしちゃって減点されて、直前までやってたGTAとの国民性の違いが如実すぎて面白かったです。GTAのフリーダムっぷりときたらオットくんが「車って買うものじゃなくてその辺で拾えるものだよね?」って思い込んでしまうほどでした。
そしたら今度は冴島さん(ごつい関西弁のヤクザさん)で雪山マタギミッション。北海道でプリズンブレイクした後雪山に隠遁して、なぜか猟師業を営むことに。コツコツ罠を仕掛けて兎やリス等の小動物を捕まえたり、銃持ってって鹿や熊など撃ったり、皮とか胆とか肉とか売って稼いだり。もうヤクザの抗争とかどうでもいっかなってくらいマタギライフをエンジョイしまくりでした。その後ススキノうろうろしたりもして、わりと行ったばかりだったのでなかなか楽しかったです。
次がまさかの遥ちゃんでアイドル目指して音ゲー。こう、アイドルっぽい曲にあわせてせっせと踊る遥ちゃん。こっちは曲に合わせて△ △ △、× × × × とか押さされる。ここで正直ちょっと、マタギ生活とのギャップが大きすぎてついていけずにしばらく中断してしまいました。他のゲームやってた。ゾンビとかバイオショックとかサムおじさんとか(どんだけおっさん好きか)、半年以上放置してしまった気がする。
で、特にめぼしいゲームもなく農閑期、かつそろそろダークソウル2も出ることだし、そういえば龍如やり残してたよねえと思い出し、でも遥ちゃんのダンスバトルかあ~う~ん、とか言いつつまあ仕事の合間の息抜きに、とセーブデータを引っ張り出してきたオットくん、その日は私は先に寝たのですが、OT「翌日には遥ちゃん超マックスまで育ってたりしてな」ってほんとに一晩のうちにサブクエつぶしまくって遥ちゃんすっかり育ち切って超最強アイドルになってました。一度やり始めると変なとこ完璧主義なオットくん。操作指示を見ながらいかにもアイドルなポップスにあわせて無表情にボタンを押すオットくんの横で、私は運動になりそうだったので画面の遥ちゃんのダンスに合わせて動いてみたり。
いろいろあって最終章になって、ラスボスバトル前にこれまでのキャラ全員を入れ替えながらやり残したサブクエ消化できるいつものモードになってみたら遥ちゃん他の誰より最強すぎてあっという間に勝てる勝てる。一応終盤だからそれなりに強い敵出てきて、他のおっさんキャラはみんなドリンク剤きゅぴきゅぴ飲みながらがんばらないといけないのに遥ちゃんたら最初の一撃だけで相手の体力ゼロに。曲なんてAメロの途中。すごすぎる。どういうことなの。いやオットくんがやりこみすぎってことなんですけど。街角ダンスバトルだけじゃなく、握手会やったりクイズ番組出たり、レッスンこつこつこなしたり地道なアイドル業がんばってたもんね。
でもダンスバトルは街角の敵さんとか異様に強い人もいて、そんな遥ちゃんですらまったく歯が立たなかったりもしたそうです。音ゲーの世界も超絶技巧がものすごい人はものすごいものらしいですね。そういう難易度も混じってるあたりがまた龍如っぽい。
えーなんというかそんなかんじで、ちょっとあまりにも極道さんたちの抗争と関係なさすぎるとこも多かったですが面白かったです。最後の方で神室町ヒルズに入った時はオブザデッドでゾンビまみれだったなーここ、と思って懐かしかったり。
相変わらず込み入ったシナリオで、黒幕が実は〇〇、とか〇〇が実は〇〇、みたいな意外な展開も健在。またオットくんも言ってましたが、シナリオ凝っててムービーも多いけどムービーゲーにはなっちゃわずにゲーム要素も毎回しっかりあって安定のクオリティ、やり始めたらしばらくは退屈せずに遊べるなっていう安心感がありますね。
そんな龍如プレイ日記でした。遥ちゃんは例外でしたが(ていうかオットくんのやりこみっぷりが例外)、しかしこのゲームほんとおっさんてんこもりですね。おっさんたちみんな一瞬でばさぁっと脱げるスーツ着ててあの服どこで売ってるんだろう。
関連あひる
July 02, 2011 龍が如くOF THE END、ゾンビなのに普通にヤクザさん抗争ものでワロタ
June 17, 2010 『龍が如く』の敵の名乗りのようなアロエとナタデココ
April 26, 2010 龍が如く4 に取りかかっています



ところで龍如って腐女子的にはどうなんでしょ?おっさんてんこもりってジャンル的に需要はありそうな気がするんだけど。幕末好きな女子も多いんだろうし、今度はその辺狙ってるのか?




間にやってたゲーム。この辺は私は見てなくて、オットくんが仕事が一段落した夜中にちょいちょいやってたものも多いです。

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
2013-10-10





(うちはPC版でやりました)

ハートをつける ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です