大人のTSUTAYA『代官山蔦屋(つたや)書店』がちょっと気になる

気になるメモ。
モダシンさんのblogで知りました。
広告宣伝は行わず密かに開業した「大人のTSUTAYA」という新業態 – [モ]Modern Syntax

 ”個人的にはこの「DVD化していない映画をDVDにプレスして販売するサービス」がものすごく気になります。”

気になりますねえ!
VHSだけでDVD化していないものって、ライブ映像とかでもいいのかな。あと、自分が持っているVHSテープやLDを持って行ってDVDに焼いてもらうこともできるのだろうか?


個人的には、DVDになっていない作品よりも、昔の洋画だと「DVDに日本語吹き替えが無い作品」が多いので、そこをぜひとも何とかして頂きたいものだけれどツタヤにどうにかできることではないか…。
字幕よりも吹き替えの方が圧倒的に情報量が多いので好きなんです。ツタヤでしょっちゅうDVD、Blu-rayを借りていますが、多いんですよ吹き替え無し。キューブリック全般とかですね、バタリアンとか(なぜそれを並べる)。吹き替えなしだと候補からはずすことすらままあります。TVの洋画劇場とかで絶対やってるから吹き替えは存在しているはずだけど、版権の問題とかでDVDには入れられないのかなあ。往年の声優さんがたがあてていた声で復刻してくれたら聴き応えも見応えもありそうですし、そのへん何とかなってくれたらすごく嬉しいです。
それはともかく、漢字の蔦谷情報をもうちょっと。
広告宣伝は行わず密かに開業した「大人のTSUTAYA」という新業態 (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

 ”最大の特徴は各分野に「コンシェルジュ」を置いたことだろう。例えば、旅行分野であれば、世界100ヵ国以上を訪ね歩いたライター、料理分野であれば専門誌の元編集長といった、いずれもその道のプロたちだ。
 CCCが考えているのは、いわば「百貨店に近い書店」である。きめ細やかな接客や奥深い知識で、客の満足度を高めようという狙いである。”

へえへえ。面白そうです。
公式サイトはこちら。
代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE
期間限定大人ディズニーのステーショナリーとか気になるなあ。ちょっと行ってみたいですね。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “大人のTSUTAYA『代官山蔦屋(つたや)書店』がちょっと気になる”

  1. あひるさん、こんばんは!
    蔦屋書店のオンデマンドDVDとは、
    こういうことなんですってー^^
    http://tracks.seesaa.net/article/239942619.html
    1日いても飽きない作りなので、
    ぜひ平日に行ってみてください。
    週末は激混みだそうだす~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です