サイバラ毎日かあさん、青木光恵など新刊いろいろ

わあ!知らない間に出ていたもの色々。新刊じゃなくて最近読んだってのも混じってます。
毎日かあさん8 いがいが反抗期編毎日かあさん8 いがいが反抗期編
著者:西原 理恵子
販売元:毎日新聞社
(2011-08-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

息子くんがもう中二!娘ちゃん11歳!大きくなったなあ。
洋服を9枚に減らしてみた 服の賞味期限、見直し大作戦洋服を9枚に減らしてみた 服の賞味期限、見直し大作戦
著者:青木光恵
販売元:メディアファクトリー
(2011-08-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これ面白かった!もともと光恵ちゃんのエッセイ大好きなのと、コンセプトがまさに私もここ数年気をつけてきたことでどストライク。あとで別に書くかも。


薔薇だって書けるよ―売野機子作品集薔薇だって書けるよ―売野機子作品集
著者:売野 機子
販売元:白泉社
(2010-03-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

借りて読んだら面白かった。ふとした表情や、助詞を抜いたような独特の言葉づかいがとてもすてき。
他にもあったら読みたいなと思ったら、これが1冊目の新人さんなんですね。新刊出たら買おうかな。
検索してみたらいつも読んでるマンガ評ブログさんがhitした。80年代的、なるほどなるほど。
マンガソムリエ煉獄編 : 薔薇だって書けるよ―売野機子作品集
なぜか今さら夢幻紳士。じわじわとくせになっています。たーくさんあるシリーズの中でこの三部作、特に1冊目の『幻想編』はファンの中でも評価が高いらしい。すてきなお話でした。
夢幻紳士 幻想篇夢幻紳士 幻想篇
著者:高橋 葉介
販売元:早川書房
(2005-04-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
夢幻紳士 逢魔篇夢幻紳士 逢魔篇
著者:高橋 葉介
販売元:早川書房
(2006-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

夢幻紳士(迷宮篇)
夢幻紳士(迷宮篇)
3巻目だけamazonになかったので楽天ブックスで。
妖怪つながりでそういえばこれも。2巻が割と最近出た。京極堂の中では凶骨けっこう好きで、漫画版の評判も異様に高いので挑戦してみた。良い感じです。
狂骨の夢 1 (怪COMIC)狂骨の夢 1 (怪COMIC)
著者:志水 アキ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-01-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
狂骨の夢  (2) (怪COMIC)狂骨の夢  (2) (怪COMIC)
著者:志水 アキ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-07-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

なぜか妖怪づいている。こちらはこれから読む!ほとんど全巻どかっと借りたのだ。
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)
著者:今 市子
販売元:朝日新聞出版
(2011-07-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)Love,Hate,Love. (Feelコミックス)
著者:ヤマシタ トモコ
販売元:祥伝社
(2009-09-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)
著者:羽海野チカ
販売元:白泉社
(2011-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

バレエ2作。バレエって…続けても地獄、やめても地獄、なんでしょうか…『舞姫(テレプシコーラ)』とかも読んじゃうともうバレエって本当に苛酷なものですねという印象。
こちらはいずれも「プロダンサーにはなれなかった(なれなそう)だけどバレエが好きでがんばってきた(がんばっていきたい)」女性たちの話。羽海野チカは相変わらず、持つ者と持たざる者両方の苦悩を等しく丁寧に扱うなあ。
ヤマシタトモコの方はバレエプラス枯れ専。ヤマシタトモコも売野機子も、大きく笑った女の子の顔が華やかでとてもすてき。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “サイバラ毎日かあさん、青木光恵など新刊いろいろ”

  1. 夢幻紳士、百鬼夜行抄、ヤマシタ トモコ!!
    いいですねーw
    とくにヤマシタトモコさんは、最近はまりましたw初めて読んだのは「ドントクライ、ガール」ですが、爆笑。超お勧めです。
    いろんな感じの作品を書かれる方なので、この先も楽しみでw
    彼女のキャラは、動く時に「タッ」と前のめりになるのが、なんか好きだったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です