NHK 追跡!AtoZ はやぶさ特集が面白かった。はやぶさはどうしてこんなに人気なんだろう?

面白かった!です。
今まで見た他の特集では、探査機はやぶさに降りかかった困難や技術トラブルの説明と、それをどう切り抜けてきたか、という技術的な解説が多かったように思いますし、それだけでも十分面白かったのですが、追跡AtoZでは、「そのトラブルの時、プロジェクトに携わっていた人々はどう感じ、どう動いたか」という、「人」に焦点をあてた番組作りになっていたように思います。
NASA撮影の大気圏突入映像も、それを撮影した機材を見せてもらえたのが嬉しかったな。ちらっとでしたがその映像を専門家が解説している様子が写ったり。
美しい映像や、ドラマチックな出来事そのものだけに注目するのではなく、その裏にはたくさんの人の意志や、努力、結束がある、ということを見せてもらえて、改めてはやぶさプロジェクトはすごいことだったんだなあ、と思えました。
はやぶさプロジェクトリーダーの川口さんをはじめ、チームの皆さんそれぞれ良い顔してらっしゃるんですよね。
再放送は、総合にて9月1日(水)午前1時05分~(火曜深夜)だそうです。
NHKオンデマンドでも、315円で配信中(購入期限:2010年9月11日)。
NHKオンデマンド | 追跡!A to Z 「“はやぶさ”快挙はなぜ実現したか」
見逃したかたはどうぞ。


NASA撮影の大気圏突入映像。
この飛散しながら燃え落ちていく様子も、今後の宇宙開発の貴重な資料となるのですね。
YouTube – NASA Team Captures Hayabusa Spacecraft Reentry


あっ番組キャスター鎌田さんの感想ブログも更新されてる。イラストも載ってる!
そして鎌田さん、ここでたびたびご紹介してるドーム番組『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』2回も観たとは!「元天文少年」と書いておられますが、もともと天文に興味がおありだったのですね。
追跡!AtoZブログ:NHK | キャスター日記 | “はやぶさ” 快挙はなぜ実現したか

“さて、はやぶさはなぜ人を引き付けるのか。イトカワへの着陸失敗、エンジントラブル、そして通信途絶というたび重なるトラブルを「決してあきらめない」という信念で乗り切ったプロジェクトチームの技術者への称賛。あたかも自らの意思で飛行しているように思わせてしまう探査機の魅力(はやぶさ君と呼ばれていましたね)。そして地球帰還という大仕事を成し遂げた後、燃え尽きてしまうという悲劇性。
科学技術の粋を集めたいわばクールなプロジェクトなのに感情的な要素が入り込んだ結果、日本人の感性に見事にフィットしたのかもしれません。”

なるほど、科学技術のクールさと、はやぶさたんを思わず擬人化してしまいたくなる(というかその科学者の皆さん自身が率先して「はやぶさに地球を見せてあげたい」とか擬人化している)ウォーミングなかんじ。そこのギャップが人気の秘訣なのかも。
そうなんですよ。私もオットくんも一応元天文部だし、この手の科学者が奮闘する話大好きだし、2ちゃんニコ動などニッチなネット上で大人気なのはわかるんですが、こんなにも長く一般の人々の興味を惹きつけ続けるとは、驚きです。
オットくんの知り合いの、中の人に近い人たちも「まあ帰還後3日で忘れられるだろうな」と思ってたんだそうです。6月半ばでフェイドアウトの予想。ですよねー、悲しいけどそれって現実ですよね。
それが夏休みに入るまで話題になり続け、カプセル公開には行列が出来続け、『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』の上映館は増え続けて上映期間も延長され続け。
結果的には、おそらくそういった世論の支持もあってはやぶさ2という次のプロジェクトが決まったわけですよね。
どうしてここまで人気なんだろう?と話している時にオットくんが言っていたのですが、そういう世論の後押しや注目に対して、プロジェクトの中の人たちが機敏に反応し、当初の予定にはなかったカプセル公開巡業などを企画したり、取材をきちんと受けて解説したりなど、外に向けてのコミュニケーションをしっかりと取ったから、はやぶさ熱が世間で持続した、というのもあるんじゃないか、と。
なるほど。好機を逃さず波をつかまえ、するべきことをしてきた、その結果なわけだ。
確かに、仕分けでもそうでしたが、科学の世界に足りなかった外へのアピール、という点でもはやぶさは見事に成功したんですね。
お好きな方にはたまらないし世界的な偉業なんだけど地味な話題だし、注目されないまま忘れられてしまうのかねえ、と田舎のおばあちゃんのような謎の気持ちで心配していたものの、予想をまるごと覆す超人気っぷりでおばあちゃんは嬉しい限りですが、それも納得です。
関連あひる。
クロ現も面白かったな。
June 11, 2010:[はやぶさ] NHKクローズアップ現代のはやぶさ特集
August 25, 2010:ドーム番組 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- が自宅で楽しめますよ
ツタヤでレンタルもやってるし、公式サイトから購入もできますよ。
NHK 追跡!AtoZ ではやぶさ特集、今週土曜8/28
はやぶさたんがコミケのコスプレイヤーに [はやぶさ]
ラストショットの撮影秘話、その後のリンク集
はやぶさその後の動画集
(余韻が台無しな下品注意)→
HAYABUSA でamazonDVD検索したら
はやぶさ、無事帰還!
リアルオカエリナサイ [はやぶさ]
はやぶさ、今夜6/13、23時頃に大気圏再突入 [はやぶさ]
探査機「はやぶさ」作ってみた、ただし実物大
こんなこともあろうかと! ~小惑星探査機はやぶさムービーあれこれ
初音ミク×さだまさし×はやぶさ

ハートをつける ハート 0

“NHK 追跡!AtoZ はやぶさ特集が面白かった。はやぶさはどうしてこんなに人気なんだろう?” への1件の返信

  1. はやぶさ微粒子、イトカワのものと確認 [はやぶさ]

    おおお!
    ■「はやぶさ」地球帰還 微粒子は小惑星「イトカワ」のものと確認 – 毎日jp(毎日新聞)
    “今年6月、地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル内の微粒子の大半が、小惑星「イトカワ」のものであることが16日分かった。”
    すごいなああ!
    何が嬉しい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です