卵焼きとウインナー炒めを同時に作れるフライパン

なにこれ面白い!!
1か月で3000個販売!忙しい朝に大活躍のフライパンが話題 – 東京ウォーカー
20100312111749_00_400

超便利そう!

東京ウォーカーより引用)
入学や就職などで4月から弁当を作り始める人も多いと思うが、朝は何かと忙しいもの。作る時間はなるべく短く済ませたい…という人にオススメの便利グッズが人気を呼んでいる。ベルメゾンの「卵一つで卵焼きフライパン」(2980円)だ。
これは、みんなのアイデアをカタチにするモノづくりサイト「モノレシピ」に投稿されたユーザーのアイデアを元に、商品化した直径24cmのフライパン。名前の通り、「卵一つできれいにお弁当用の卵焼きが焼けるフライパンが欲しい」という投稿アイデアから生まれたものだ。2つの仕切りを付けて卵焼きスペースを設けたことで、同時に3種類のおかずを作れるのがウケ、12月の発売から1か月で売り上げ3000個を突破した。
「お弁当作りの楽ちんアイテム。少しずつでいいお弁当のおかずを、一度に3種類作ることのできる便利なフライパンです!少しの卵だと、細~くしか焼けなかった卵焼きも、ふっくら上手に焼けます。ウインナー炒めや、付け合わせの野菜も同時に調理。表面は焦げつきにくいフッ素樹脂加工です」と話すのは、広報の浅川さん。
時間もガス代も短縮できる、いいこと尽くしのこの商品。毎日、子どもにお弁当を作るママはもちろん、フレッシュマンをはじめとした社会人や学生にもオススメだ。【東京ウォーカー】

ベルメゾンの商品なのですね。
検索してみた!
卵一つで卵焼きフライパン
ベルメゾン携帯向けサイトはこちら

卵一つで卵焼きフライパン
少しずつでいいお弁当のおかずを、一度に3種類作ることのできる便利なフライパン。少しの卵だと、細―くしか焼けなかった卵焼きも、ふっくら上手に焼けます。ウインナー炒めや付け合せの野菜も同時に調理。表面は焦げつきにくいフッ素樹脂加工です。

●径約24、長さ約42、高さ約8cm
◆主材/本体:アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)、柄:フェノール樹脂
●200V(2KW以下)の電磁調理器を含むオール熱源に対応
●中国製、または韓国製

IHにも対応だ!
いやー、これは面白いですね!
小さめのフライパンですが、大きめのも欲しいかも。
一人二人分のお弁当ならこのサイズでちょうどよさそうですが、もうちょっと多い家族分を作ろうと思うと26cmくらいのフライパンが便利なんじゃないかしら。
お弁当や卵焼き以外にも、日々のおかず作りにも重宝しそう。
たとえばしょうが焼きなど、肉汁がたくさん出ちゃうから添え物の野菜炒めは別のフライパンを使わないとおかずが全部同じ味になっちゃうし…という時なんかに。
そうするとコンロを占領するからスープ温めたり何か茹でたりが困ったりするんですよね!
仕方ないので多少冷めたり温め直しても色や味が悪くならないものを先に作って置いておいてぶつぶつぶつ。
えーこれほしいなあー。気になるわあー。さすがベルメゾン、面白いもの売ってるなあ。
ベルメゾンの便利グッズで、以前載せたことがあるのはこちら。
ベルメゾンの「お玉&ツールスタンド」が超絶便利

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です