風邪でぼーっとしてたらレジでごぼう抜きされまくる

ちょっと風邪っぽいので、早めに治そうと病院に行ってきました。
軽いのど風邪。
部屋の温度と湿度を上げて、マフラーとかでのどを温めながら過ごしてくださいと。
明け方の冷え込みが一番のどを痛くするので(だから朝起きると痛くなっている)そこ気をつけてと。親切なお医者さんでした。
で。
帰りにオットくんに頼まれてる雑誌買わないと-、とコンビニでレジに並んだら。


3つあるうちの真ん中だったんですよ。伊藤理佐的にいうと大事な(寝てろ)。
あ、右のレジの方が早そうだなーと思っていたら私の後ろの人がさっと移動しちゃってああ。
あ、その人もすぐ終わりそうだなーと思っていたらやっぱり私の後ろの人がさっと移動しちゃってあああ。
今度は左があきそうだなーと思っていたら他の人がさっと並んじゃってああああ。
都合6人にごぼう抜かれました(´。ω 。`)。
帽子(寝ぐせ隠し)にマスクにメガネにダウンジャケットでむくむくに着ぶくれて風邪の諸症状の軽めのフルコースにぽーっとしている私の前や後ろを、たくさんの男女が通り過ぎていったわ……。
コンビニのレジって、「お次にお待ちのお客さまどうぞー」とかいってちゃんと最初から待ってた人を優遇してくれたりするじゃないですか。
そういうのくるかなーと動かなかったら、誰にも気づいてもらえず(あるいは気づいてるけどこいつどんくさいなと思われながら)どんどん置いて行かれている私。
私より全然待ってない人が次々と「お待たせいたしましたー」言われているのをもの悲しい目で見つめたりしているうちに反対隣のレジでまた抜かされる私(ここまでくるといい加減要領悪すぎの感)。
格差社会(´。ω 。`)
とか思ってしまいました。タイミングを逃すと流れに乗るのは難しいですね。大縄飛びとか花いちもんめとか子供の頃から苦手だったな。
大縄飛びはともかく花いちもんめはタイミングとか関係ないけどむやみに寂しい気持ちになって連想してしまっています。
あれは残酷な遊びですよね花いちもんめ。リア充の戯れですよ。だっていつまで経っても呼ばれないんだぜ。○○ちゃんがほーしい、とかちっとも言ってもらえなくてエヘ俺空気、みたいな。両腕はがいじめにされながら隊列を乱さないように進んだり下がったりしてるだけの要員なんだぜ。
というわけでしみったれた雰囲気になっちゃいましたが単なる体調メモでした。
このくらいの風邪なら葛根湯飲んでひと晩とか半日とか寝てれば治ったんだけどな-。年取ったってことでしょうか。
皆さまもお気をつけくださいませ。


ハートをつけてあげて ハート 0

“風邪でぼーっとしてたらレジでごぼう抜きされまくる” への2件の返信

  1. お大事に…!鼻のど風邪はやってるみたいです。油断すると長引きやすいみたいなので、お気を付けください。
    うがいしすぎると逆に治りにくいとお医者に言われました。やっぱり加湿が一番みたいですね。
    小学生のとき、花いちもんめ的な席替えがあったことを思い出しました。
    班長をくじ引きで選ぶ(5,6人?)→班長が同じ班に欲しい人を順番に選んでいく。
    すごいストレスでしたよ!だんだん人気ない子が残っていきます。先生の考案でしたけど、子供心に先生何考えてんだ!って思いました。

  2. ありがとうございます、日曜にはようやく外出できるほど落ち着いたので、丸三日くらいかかりました。まだちょっと鼻とか咳とか出ますが概ね平常運転。
    うがいしすぎると良くないんですね!しすぎて損じることはないかと思ってました。コーティングも取れちゃうのかな。
    > 班長をくじ引きで選ぶ(5,6人?)→班長が同じ班に欲しい人を順番に選んでいく。
    そ、その席替えひどいです!夢に見そう!先生何考えてんだー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。