brother’s wedding

日曜は、オット弟くんの結婚パーティーでした!

DSCF1441

ぴかぴかに晴れ渡った一日、高層階のレストランウェディングだったので、さんさんと日の光を浴びて素敵なパーティーでした。


オット弟くんが彼女ちゃんを連れてきた
弟彼女ちゃんはミステリが大好き

DSCF1461

受付でゲストを出迎えたこのパンダたちは、彼女ちゃんと彼女ちゃんのお母さんが、それぞれ東京と故郷で大事にしていたぬいぐるみ。
この日のための手作りの衣装で花嫁と花婿となり、パンダたちも揃って彼女ちゃんの元で暮らすことになったんだぜ(´∀`)。

二人は学生時代からの付き合いなので、共通の友人もたくさん詰めかけて、当初の予定を大幅に上回る大人数になったそうです。

プロのカメラマンさんも入ってくれましたが、私も身内カメラマンとして午前中の準備から参加。

メイク中の花嫁さんや(準備と打ち合わせのため直前まで大忙しだったはずですが、微塵も感じさせない輝くような笑顔)、打ち合わせに忙しい花婿や(田舎のおばあちゃんから譲り受けたおじいちゃんのモーニングがよく似合っていましたが、ネクタイと格闘している姿を10枚くらい激写しましたすいません)、会場のあちこちに二人が用意した飾りつけなどをガツガツ撮影して回りました。

妹の式に姉として参加した経験のある友人から「ゲストの表情をたくさん残しておくと喜ばれるよ~」、と教えてもらってがんばるも、全員は撮れなかった気が。
なるべく写ってるといいんだけど。

出し物はそんなにやらずに、美味しいお料理を食べつつ交流してもらいたい、というコンセプトでいろいろと工夫したようで、笑いの絶えない楽しいパーティーでした。

乾杯の音頭では、弟くん高校時代のご友人から、

「新郎が高校の時書いた小説のタイトルは、

 ”Wish”(゚Д゚)」

と黒歴史を暴露されていて場内は大爆笑でしたが本人はとってもかわいそうでした。
このご友人は小説のコピーも持ってきてくださったそうで(いい仕事するなあ)、退場の時新婦に渡そうとして新郎に全力で阻止されていました。

ファーストバイトも携帯投票で進めるゲームも、新郎新婦の性格や関係性がよく見えて、だれることなく盛り上がっていたし、良い司会進行でした。準備大変だっただろうなあ。

弟くんの職場同期一同からの、お祝いメッセージと思い出の写真をまとめたスライドショーでは、

「おめでとう!これからはボンカレーだけじゃなくおよめさんの手料理もちゃんと食べてね」

「おめでとう!弟さんの思い出といえばスーパーでボンカレーを100コ買って棚を空にして喜んでいた姿が(略)」

「おめでとう!弟さんといえばボンカレー(略)」

という、示し合わせたわけでもないのにみんなボンカレーに言及しすぎなメッセージの合間はボンカレー壁紙だったり。

DSCF1540

弟くんといえば蒟蒻畑も業務買いしてたし、おんなじものばっかり食べ続けるのでお母さんから「コアラ」と呼ばれていました。

ちなみに兄であるオットくんはシャンプーボトルをスコンスコン押しすぎるので「ラッコ」と呼ばれていました。
たのしいどうぶつ一家です。

さらに新婚旅行的なもので私はペンギン触りに行って彼女ちゃんはパンダを触りに行く予定らしいのでオット妹ちゃんも新婚旅行はどうぶつ触りに行かないといけないのかなという謎の縛りが発生していてすごくメイワクだと思います。

オット妹ちゃんといえば、ゲストの友人男性たちから
「えっ妹!?かっかわいい!!
 全然似てない!!(;*´´Д“*)」

とベタ褒めされてました。ふふん、そうじゃろう可愛いじゃろう。

オットくんにも弟くんとも似てるけど可愛いんだよ(けどっていうな)
私とオットくんの結婚イベントの時も、オット大好き友人男性が「似てて可愛い!!(;*゚Д゚*)」と大騒ぎだったし(本当にすごい騒ぎでした)。

それはともかく。

宴のしめくくりに、新婦と新郎がおこなったスピーチがそれぞれとても素晴らしかったです。

彼女ちゃんは、弟くんへの手紙を読み上げるというスタイルで。
弟くんの人となりを冷静に分析しながら、尊敬し大切に思っていることが伺える内容で、終始落ち着いた調子で読み上げていて、聡明で温かい人柄の彼女らしいスピーチでした。

それから弟くんは、原稿は用意せず、列席者の方々への挨拶という形で、今まで直接伝えたことのない彼女ちゃんや家族への感謝の気持ちを語ったのですが、まっすぐで飾らない、彼らしい、気持ちのこもった挨拶でした。

私も落涙してしまったし、会場でも目を潤ませている人が多かったのですが、中にはがっちりツボにはまってしまったようで会の最後まで涙が止まらないまま帰っていった男性もいました。

二人がたくさんの良き友人に、心から祝福されている様子が伝わってくる、本当に素敵な結婚パーティーでしたよ。

blogを振り返ると開設直後の2005年1月、ちょうど5年前に書いたことがありましたが、オットくんの家族というのは本当に素晴らしくて、当人たちは謙虚すぎたり無意識すぎたりなので私一人がいつも家族の少しだけ外側から感嘆の思いでそれを眺めてきたものですが、弟くんの彼女ちゃんとは、家族の中にあとから加えてもらったという同じ立場からその稀少さを共有、共感することができて、とても嬉しいのです。

二人とも本当におめでとう。今後ともよろしくね。

DSCF1347

そうそう。びっくりしたこと。
ゲストへのプチギフトのパッケージが新婦手作り。

↓コレ。

DSCF1216

とてもそうは見えない!
ひとつひとつに特殊なインクでスタンプを押したそうです。

あと写真に残してないのが悔やまれますが靴も自分で白く染めたとか!!
すごすぎる!!
なんというDIYブライド。

そういうところも共感できるというか(いやすごすぎますが)、暖房つけるのもったいなくて厚着して過ごしてるとかお茶飲むの大好きとか、お互い伴侶に腹が立つとこが一緒だったりいろいろと楽しいのです。

ハートをつける ハート 0

“brother’s wedding” への11件の返信

  1. 遅くなりましたが・・・
    義弟さんご夫婦、ご結婚おめでとうございます
    ウェルカム・パンダちゃんのエピソードに心温まり
    ボンカレーメッセージ&壁紙に大笑い(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
    ご家族が増えて、ますます素敵なオットくんファミリー
    末永く、お幸せに(*´ω`pq
    もう1つ遅くなりましたが
    今年もどうぞよろしくお願いいたします(uωu*)

  2. パーティー靴用のアクセサリーをちょこっとカスタム

    先日のオット弟くん結婚パーティーを機に、歩けるパーティー靴と、それにつける靴アクセサリーを調達しました。
    靴アクセサリーは、市販品をちょこっとカスタム。

  3. お祝いの言葉をありがとうございます!ヽ(*´▽`*)ノ
    ボンカレー、ウケてもらえて嬉しいです!内輪受けかなーと思いつつだったので。。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね~(*´ω`*)

  4. 餃子とケーキのホームパーティー

    オット弟くん夫妻の家で、お友だちを集めての餃子大会にお呼ばれしてきたよ。
    総勢10人。
    お客さんのほとんどがケーキや和菓子など甘いものを買ってきてくれたので、餃子を食べ終わった後はものすごく豪華なデザートブッフェ状態に!
    キルフェボンのタルトがこんなにたく…

  5. iPhoto book の豆本が便利そう

    先日遊びにきた友人の一人が、iPhoto book の豆本を見せてくれました。
    子供サイズ。
    3冊単位の注文になるそうですが、孫写真とかを持ち歩いて見せるのにとっても便利!とおじいちゃんおばあちゃんに大人気だそうです。
    カバンの中に忍ばせておいて、いつでもどこでもサ…

  6. おばあちゃんと14人の孫

    週末を利用して、オットくんのおばあちゃんのおうちに単身泊まりにいってきました。
    写真は末のおばさまが描いた、おばあちゃんの生ジャムレシピ。これは嬉しい。

  7. our little sister’s wedding

    10月上旬のよく晴れた日に、オット妹ちゃんの結婚式がありました。
    入籍や新婚旅行、引越して一緒に暮らしはじめるなどのことを一年ほど前から少しずつ、じゅんぐりに進めていっ …

  8. 2013年の母の日の花束

    毎年載せている母の日の記録。ここ数年別のものが続いていたので、わりと久しぶりの生花です。アレンジメントにしてもらいました。

  9. [お知らせ] こどもがうまれました

    うまれました、というか産みました。しかも3月に。すでに9ヶ月を過ぎてすくすく成長しております。元気な男の子で、名前はタロー(仮名)です。ふとした表情や動きが笑うほどオッ …

  10. オット妹ちゃん、初めての彼氏の思い出

    君に届け リマスター版 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) [Kindle版]椎名 軽穂集英社2012-06-15
    こないだオット妹ちゃんが遊びに来てくれまして。なぜか話題が恋バナに。恋バナ!
    オット …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です