オットくんひとだんらく

2ヶ月くらい休みなしだったオットくんのお仕事が、水曜でようやく一段落ついたみたいです。


土日もずーっと現場に入り浸りで(もともと土日など家にいる時も常に仕事してる人だけど)、早朝出て行って終電に飛び乗って帰ってきてお風呂とゴハンとメールチェックですぐ寝て3~4時間で起きてまた電車に飛び乗って終電、みたいな生活。これが6月末か7月頭くらいから続いていて、あのーまさかほんとにこの状態で8月下旬までいっちゃうんですかと何度も確認してしまいましたが結果的にほんとうにその状態で2ヶ月経ってしまいました。
湯船でモーニング読んでるオットくんに向かって(話をしようと思ったらお風呂に押しかけるくらいしか時間がナイ)いよいよ今週が発表の日だね、もうできてんの?って訊いたら
OT「・・・・・出て行きなさいっ(||; ゚Д゚)」
となぜか文豪風味で追い出されたりしながら今日の日を迎えましたよ。てそんなに間に合ってないのかよw 前日は泊まり込みの人もいたし(オットくんは当日機械の操作という重要な役のために帰宅。でも2時間くらいしか寝てなかったけど)当日は朝10時の本番のために始発で出かけていって本っ当にギリギリまで作業してたみたいです。あー高校の時の学園祭(プラネタリウムを作った)でもそんなだったねえキミは。でもあの頃と違うのは「間に合わなくて上映できませんでしたー」じゃ済まされないところだね。
マジいろいろギリギリだったらしくなんか私がうちのミシンちゃんとともに現場に駆り出され(ミシンは車で搬送)、拾ってきた暗幕切り貼りしてカーテン作ったりもしました。家内制手工業。。ていうかほんとどんな学園祭だ。
予算がまったくなくってほとんどの業者さんも技術者さんもただ働きだったんですって。だから施設が古くて壁に穴あいたりしてても直せないw だから暗幕張って隠すww
壁に暗幕張るってどんだけ学園祭みたいなしょぼくてみすぼらしいことになるのかしらと思っていたらプロの職人さんと一緒に測ったり張ったりしたのでえらい高級な壁に仕上がってびっくりでしたよ。さすがプロだぜ大人だぜ。うちのミシンちゃんも役に立ったし。
あー、オットをきちんとサポートしてるすてきなおくさまみたいに聞こえるかもしれませんが、一度は映画観るつもりでらりらりおでかけしているところにいきなりカーテンの金具がないので買って持ってきて縫ってとか呼び出されて予定は台無し汗だくで買い出しヒールにワンピで床にはいつくばって作業させられ(もともと作業の予定だった日にはちゃんとジーンズにスニーカーで行ったさ)ぷりぷりに怒って周囲に不審がられない程度にオットを無視、帰宅しても口聞きたくないから自分の布団を寝室に戻したりとかしたよ(寝たふりしてたらほんとに寝ちゃったので丸二日くらい口聞きませんでした)。疲れたオットにムチ打つ私。癒す気なし。
今後もゴハン作らないことにも土日いないのにも深夜1時帰宅にも慣れちゃったしえーこれから毎日9時10時とかに帰ってきたり土日お昼作ったりしないといけないわけ?めんどくさ。とか思っていますよ。買い出しの頻度も上がるなあ。今が少なすぎなんだけど(食材減らないから)。
通常営業に戻るにはどんだけかかるかしら。
まあ、いろいろおつかれさまでした。今回はただ働きでも次にいろいろと繋がるから無駄じゃないんだと散々聞かされましたけど昔からそういう話で報われた試しがないような気がするのよね。こんなはずじゃなかった的な。今度こそほんとに報われるといいね。

働きマン (1) (モーニングKC (999)) 働きマン (1) (モーニングKC (999))
安野 モヨコ

講談社 2004-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “オットくんひとだんらく”

  1. どういうお仕事なのかはわかりませぬが
    ご夫婦そろってお疲れ様でした^^;。
    それでも自分で起きるオットさん偉いですよ。
    うちの旦那は寝つくのは1秒でも寝起きが悪くて仕事に遅れないよう朝4時に私がたたき起こしててこっちが死にそうだった(当時自分がフルタイム勤務で毎晩帰宅が夜10時過ぎだった)。
    >疲れたオットにムチ打つ私。癒す気なし。
    わかります、これ。
    助けて欲しい気持ちもわかるけど、
    いきなりはないでしょだよね。
    >通常営業に戻るにはどんだけかかるかしら。
    旦那がご飯要らないって楽ですからねー。
    私も旦那が全国ドサ回りやってるときは手抜きし放題だった・・・。
    ともあれ二人ともお疲れ様でした。
    残り少ない夏を楽しくお過ごしください。

  2. フルタイムでお仕事の時に相手の生活まで気づかうのは大変でしたでしょう。
    >ともあれ二人ともお疲れ様でした。
    >残り少ない夏を楽しくお過ごしください。
    ありがとうございます。例年毎日忙しいことは忙しいので、そういえば夏や季節のイベント(花火とか花見とか)を満喫なんてもう友人とだけするものだと思ってガンガン出かけています。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です