作ったばかりのアクセにも金属アレルギー反応

ビーズアクセ、ブレス手の中長年愛用してきたシルバーバングルだけでなく、今日着けて歩いてみたら作ったばかりの天然石ビーズブレスレットもダメでした(;∀;)
シルバーのパーツのとこがぷつぷつしたよ。おろろーん(泣き声)。


まあ、これはパーツを銀以外のものに替えればいいので何とかなりそうですが。今度探しに行ってみよう。
しかし銀のカタマリであるバングルはムリだよなー。金属接着剤とか使って内側に布でも貼ったろかな。ヘンか。。接着剤で荒れそうだし。
ついでだから金属アレルギーについてちょこっと検索してみた。一生治らないって書いてあったよ( ´∀⊂・゜・
こちらのサイトが端的にまとまってわかりやすかったです。宝石のサイトなんですね。
アレルギーについてのFAQ
■金属アレルギーって一体なに?
 普段身に着けている(ジュエリー)や日用品に使われている金属が、汗や体液でわずかながら溶けて、 イオン化した金属が体内に入り、次に同じ金属が接触すると拒絶反応を起こし、 皮膚がかぶれる状態(アレルギー性接触皮膚炎)をいいます。】
■一度金属アレルギーになったら直らないってホント?
 身体に異物が認識され、次回の侵入を防ぐために記憶されることを感作(かんさ)といいます。 一度感作されると、金属アレルギーは一生といってよいくらい長い間持続し金属アレルギー自体は治療することができません。

だそうだぜ!( ´∀⊂・゜・
【何回も接触を繰り返しているうちに、たとえば何十年にわたって感作される場合もあります。】
ほう、花粉症みたいにじりじり溜まってふと発症するもの、と思えばいいのかしら。
■特にアレルギーを起こしやすい金属ってあるの?
  ニッケル/コバルト/クロム
   ↑
  亜鉛/マンガン/胴
   ↑
  銀/プラチナ/金
   ↑
  チタン

※上に行くほどアレルギーを起こしやすい】

ふうん、銀ってなりにくいものなのに。長年愛用したのがあだに!?
そしてなんと歯にかぶせてる金属でもアレルギー症状が出ることがあるとも書かれてた!歯科金属アレルギーというのですね。知らなかった。
口の中が荒れるならわかりやすいけれど、症状が皮膚に出て原因がわからず大変だったという記事も見つけました(こちらの記事です。症状などの描写が詳しいので、苦手なかたには生々しいかもしれません)。
そんなこともあるんですね。。
金属アレルギーへの対策としては、とにかくそれを身につけないようにするしかないみたいです。消極的だけど。。しかたがないか。
あ。革に貼り付けるのはどうだろう?銀のバングル。
シルバーバングル布じゃなくて革越しなら接着剤の肌への影響もなさそうだし、見た目もそんな変じゃないかも。ちょっと探して見ようかしら。
そんなに着けたいか?ってかんじですが、10代の頃から身に着けてるものなので何とかしたいのだ。

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “作ったばかりのアクセにも金属アレルギー反応”

  1. 肌に触れる部分にマニキュアを塗るといいと聞いたことがありますが、バングルの内側全体に塗るとなると、大変そうですな・・・。

  2. >nexzeroさん
    マニキュア!!なるほどー!情報ありがとうございます!さっそくいろんなものに塗りまくってみました。この状態で着けてどうなるか実験してみますね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です