第145回、『働きマン』松方の新カレが気にくわない会議~(雑誌ネタバレ)

b67bd16a.jpg松方の恋愛を生暖かく明子姉さん風に見守る会主催のわりに遅ればせながらやっと今週の(てかもう先週の)モーニング読みましたあひるですこんばんは。
第1回、そして珍しく雑誌ネタバレに踏み切ってしまった第2回(ちなみにここに書いた話は現時点でもまだコミックスに収録されていませんので単行本派のかたはご注意ください)に続き、今回!
またもや雑誌ネタバレでごめんなさい。
(以下、ネタバレ)


(以下、ネタバレ)
(以下、ネタバレ)
(以下、ネタバレ)
松方「うん・・・終わった」
っしゃーーーー!!!
いやっほい!

踊るぞ!アルプス一万尺を今こそ小槍の上で我々が!子供の頃は子山羊の上でだと思ってたぞ!そんなことはどうでもいいんだあっ!
松方、おめでとう!そんな恋人ならいないほうがましだよ。本当にそうだよ。いればいいってもんじゃないよね。嬉しいよ!
でも一度はときめいて好きになろうとしてた人だったからやっぱり別れを決断するのはしんどいだろう。よく思い切ったね。偉いぞ。でも女は決めると振り向かないからね。そんな声で引き止めても遅いわもう、って鈴木祥子も歌ってる通り。決める、というか、心がそう醒めてしまったことを自覚してしまうともう拒絶反応が出て制御できないというか。
と、まだ正確には「醒めた」だけで「別れた」までは至ってないのが気になるところですが。醒めてから、別れを切り出すのかどうか、相手がそれを納得するかどうか、いろいろとまだ難問は山積みかもしれないけども踊るんだ!その頂の上でアルプス一万尺を松方!
(なんでアルプス一万尺アルプス一万尺いってるかというと今回の『働きマン』で出てくるからです)
今後の展開も楽しみです。楽しみですが個人的好みとしてはあの手の男の別れ際の見苦しさになんの興味も感慨もないのでそういうところはとっととすっ飛ばして何事もなかったかのように元気に仕事に打ち込む松方を見せてくれると嬉しいかも。

働きマン (安野モヨコ)

ハートをつけてあげて ハート 0

8 Replies to “第145回、『働きマン』松方の新カレが気にくわない会議~(雑誌ネタバレ)”

  1. こんにちは。
    働きマン、進展があったのですねー。
    >別れ際の見苦しさに
    数年前3点セット(DV・浮気・浪費)旦那と離婚した友人がいるんですが、今だ取りすがられてうんざりしてるそうです。
    彼女も「女は決めたら振り向かないのよっ!」と言ってました(笑)。

  2. (ニヤニヤ)
    今後のどう仕様もない愚駄愚駄の布石の数々を
    おもいだすだけで、たのしみでたのしみで。
    (ニヤニヤ)
    プライド高そうなキャラクターを松方にくっつ
    けたからねぇー!
    (ニヤニヤ)
    そのうえ、ドMらしいからねぇ~!!
    (ニヤニヤ)
    始末の悪さを描かせたら、安野画伯の筆筋は
    天下一品だからねぇ~~♪

  3. >shamonさん
    >3点セット(DV・浮気・浪費)旦那と離婚した友人
    >がいるんですが、今だ取りすがられてうんざり
    うわーそれは振り向かないとかじゃなくて警察とか弁護士さんに依頼するレベルとなってますね。もうひとふんばりがんばってください。。

  4. >千林豆ゴハン。さん
    >今後のどう仕様もない愚駄愚駄の布石の数々を
    >おもいだすだけで、たのしみでたのしみで。
    た、楽しみですかー私はもういいですー。飛ばしてほしいですそこんところ。
    考えてみればこの男の人が出てきたあたりから何となく今までの『働きマン』と路線が変わって湿っぽくなったように思うので、個人的には前の”働きマン”モードに戻して欲しいです。ほんとこの手の思い切れない恋愛話がまるっきり好みじゃなくて。。そういう話が読みたかったら女性誌にいくらでもあるから。

  5. とりあえず元彼が東京戻ってきてギクシャクドギマギな展開にならないかなあという個人的な希望がいまだ消えません!!!

  6. 新二がもうみるからにキャバあたりで
    釣針にかかって、おまえそのケバいおんな夜の
    床の相性だけで入籍を決めただろう、とかいう
    もう本当にどう仕様もないアチャーなエピソードを一話、日本一の馬鹿恋愛作家であらせられます安野画伯に描いていただきたい! と渇望する次第であります(敬礼

  7. >nksmたん
    >元彼が東京戻ってきてギクシャクドギマギな展開にならないかなあ
    私も!私も戻ってきてほしい!名古屋と遠恋でもいいからとにかく戻ってきてほしい!

  8. >千林豆ゴハン。さん
    いやいや。。ですからそういうのはやめてほしいですて。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です