アサシンクリードは完結していない

声を大にして言いたいのよ。
完結させてよと。
最近映画もゲームもシリーズ続投が決まってるからって「次回に続く!」っていうの多すぎです。絶対バックトゥザフューチャー2のせいだと思う(偏見)(ていうか例が古い)。映画はまだ受動的娯楽だし2時間そこそこで終わるからましですが、ゲームは10時間単位でプレイし続けるでしょう?それでラスボス倒したのにまだなんかムービーでうだうだこねられてるうちにエンドロール流れてきてええマジこれでクリア!?って全然達成感がないでがんす。どうかと思うのよ。


Xbox版だけじゃなくてPS3版もあるのよ。

というわけで気になっていると書いたままでしたが、その後購入しけっこう前にクリアしました。
いきなり文句言っちゃいましたが、ゲーム的にも微妙だったそうです。フォローになってないなー。私はオットくんがやってたのを横で見てたんですが。
オットくんによると、マップは広大で自由に歩いたり登ったりし放題、通行人にもぶつからないようにそろりそろりと歩いたりそっと押しのけたりいろいろ操作法がある。その割りに、ミッションが単調で敵から逃げるのもひたすら走ってればすぐまくことができちゃう。
というかんじで、せっかくいろいろ細かい設定があるのに、ゲームシステムにあまり活かせていなかったみたいです。
でもなかなか面白いところもありました。妙なところが。
街中を飛んだり跳ねたり高いところによじ登ったりしていると、街の人たちがひそひそと「誰か止めないと、きっとケガするわ。。。(´・ω・`)」とか「一体何がしたいんだ!?(゚Д゚||;)」とかいってボクのウワサをしてくれます。
それから絡まれている人を助けるミッションというのがあって、3~10人くらいをぶった切って助けてあげると、絡まれてた人からは「本当に助かりました。あなたの善行は町中に知れ渡るでしょう(*´∀`*)」とかいって大変感謝されるんですが周囲の人は「何が起こったんだ!?(゚Д゚||;)」「人殺しがいるぞ!?(||;゚Д゚)」「恐ろしいわ。。。( ゚´Д`)」とちょっと違ったニュアンスでボクのおこないが町中に知れ渡ったりします。
一番ウケたのは絡まれてる人が、絡まれてる時はどう聞いても10代の娘さんの声「やめて、ひどいことしないで(;*´Д`*)」「誰か助けてよ!(*´Д`*;)」って言ってるのによっしゃーっていざ助けてあげるといきなりめっちゃ落ち着き払った40~50代のおばちゃんの声になっちゃって「あなたの善行は町中に知れ渡るでしょう(´´ω“)」とか言い出すのでお思ったより若くねえ!とショックを受けることができます。すげえ擬態。めっちゃ正しい。
なんかけっこう楽しいゲームだったような気がしてきたな。
シナリオが、これジャケットを見ると中世というかいかにもゲーム的ファンタジーっぽい格好をしてるんですが、ゲーム内のフィールドもこの服装が似合うファンタジー世界なんですけれども、実は主人公は今我々のいる現実よりちょい近未来っぽい時間軸の人で、フツーにジーンズにパーカーの兄ちゃんなんです。なんかナゾのラボに連れてこられてあなたの前世の記憶を辿ります、そこで必要な情報を掴んできてください、とかいわれるんですね。そして記憶の中に潜ると、ジャケットのようなコスプレちっくな格好になってアサシンとしてばったばったと敵とか敵じゃない人とかをぬっころしていくという。
敵とか敵じゃない人とかが、やなかんじなことになんかあんまり悪い人じゃなくね?これ、みたいな人を次々指令でやっちゃわないといけなくて、ちょ、ボクのボスのほうが悪い人じゃね?みたいな疑惑が生じてきたり。
そういう疑惑とか、またそれが現世にどう繋がるのかとかが明らかにされ。。。たようなされてないような。。なんか説明セリフがとうとうと流れて終わっちゃったような。。うーん。ハリウッド映画的ラストの盛り上がりとかを期待するのがそもそも間違ってるのかもしれませんが。特に洋ゲーって和ゲーよりあっさりしたラストのもの多いし。
ファンタジー世界と現実世界を「前世の記憶に潜る」として繋げて行き来するところはなかなか面白かったです。ゲームをロードする時とか、ラボのカプセルに寝転がってログインするんですよね。それで目の前のスクリーンにセーブデータがいくつかピピピ、と表示されてどこから始めるか選ぶ、みたいな、うまい具合に操作とシナリオを絡めていてちょっと新鮮なかんじでした。
3部作らしいんですよね。そうなんだ。。ふむー、続編が出たら評判をいろいろ聞いてから取りかかるか判断するんじゃないかな?というかんじです。なんか、こういう美麗グラフィックのクールな洋ゲーをやりたい(見たい)気分だったのでマリオギャラクシーの代わりに買ったんですよね(代わりにならないだろう)。なのでまたそういう気分だったらやってもいいかも。
あと完全日本語吹き替えだったのですが、主人公アルタイル役の声優さんの声がクールで素敵でした。調べてみたら小西克幸さんというかただそうです。

ハートをつける ハート 0

“アサシンクリードは完結していない” への1件の返信

  1. 言戯のトシさんのゲームブログ『芸夢庵』

    お~~。いつも楽しみに読んでいるご家族4コマブログ言戯(ことざれ)のトシさんが、ゲームブログを作ったと。これは楽しみ。
    ■芸夢庵
    MGSシリーズやってらしたり、主に洋ゲーっ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です