西村画伯の『下山手ドレス』がすごい

はい、西村しのぶ画伯のエッセイ、『下山手ドレス別室』のご紹介です。
下山手ドレス別室(西村しのぶ)
この本はすごいです!すんごいいろいろ情報が載っている。
それも何というかただの情報ではなくて、生活にひと工夫加えて快適に、おしゃれにするためのアイディアというか。


西村しのぶの神戸・元町”下山手ドレス”
うう、こちらもほしいのに新刊は絶版のもよう。古本で買ってしまおうかしら。
こちらはNewtypeでの連載13年分(!)、上の『別室』はその後のFEEL YOUNGでの連載分だそうです。

長期連載エッセイのため、面白いことが起きているんですよ。
一例を挙げてみますと。
街で見かけて一目惚れしたステキなカバンのことを西村画伯調べる調べる。検索検索。
で、PORTER(吉田カバン)というブランドだと判明。
そう、今ではいたるところで見かける、流行もすっかり定着した感のある大手カバンメーカーですよね。そうか、流行る前からチェックしてたんだなあ。すごいなあー。
読んでいると万事そんなかんじで、見かけたモノをムム?と検索して調べまくり、八方手を尽くして取り寄せまくる。
今でこそそういう、ネットを介した調べものや買い物って割と普及していますけれど、2000年前後の時点で息をするように使ってるってすごいことなのではないかと。
そういう好奇心、探求心が、読んでいて清々しいし、も の す ご く ! 参考になるんです実生活に。
そう、実は布ナプキンを知ったのも『下山手ドレス』から。
こちらで紹介されているのを、フィーヤン購読していた友人が読んで「ナヌ!?そんな良いモノがあるとは!とそっこー取り寄せて使ってみたらちょーいいよ!」とそっこー教えてくれたので私もナヌ!?とそっこークリック→今に至る。
もう頭が上がりません。
なんというか、そういう姿勢って実は珍しいものなのかな?というのを最近また別の友人と話したりしました。
こう、良さそうなものを見つけたらまず調べてみる!試してみる!掘り下げてみる!!みたいな。
そういう人ばっかりじゃないんだって。「ふうん」って素通りしてしまう人のほうが圧倒的に多いとか(特に女性にその傾向が強いとの説もあり)。
そ、そうなんだ。私の周りはみんなギラギラハングリーな人ばっかり(←褒めてます)だからこういうもんかと。
そこへいくと画伯の気迫は何なのか…。
そもそもまず、良いものを見つけるアンテナの感度も違うのかもしれない。言いかたを換えると、あちこちに不満を持っているともいえる。ここどうにかならんのか!?と思ったらもう許せない。何とかして快適な状態にしてやりたい。そのために何か方法は?安くて簡単な便利グッズはないか?
とか何とか、いろいろ数珠繋ぎに、南京玉すだれ状態に繋がっていって、次々新しいことを試してみてしまうというか。
結果、「あの人の持ってるものってどれも他で見たことないような、すごい素敵なものばっかり!」という、西村画伯のような素敵な女性ができあがるわけなのですねえ~~。
安野モヨコたんも言っておられますが、まさしく「美は一日にして成らず」。敏感、機敏、たゆまぬ努力、それを楽しむ姿勢。それらすべてが彼女、彼女らを編み上げていっているのだ。
美しいなあ~~。ほれぼれ。
美人画報ハイパー(安野モヨコ)
この美人画報シリーズにも似通ったパワーがありますね。「読むとあがる!って言われる」とモヨたんも中で書いておられたが本当にその通り!
特にこの『ハイパー』の巻頭宣言は素晴らしいです。何度読み返したか。スタンディングオベーション。


読んでいると西村画伯のご友人がたもそういう人ばかりのようですが、何を隠そう私の周りもそういう人たちばかりであります(さっきも言ったから)。いつも素敵情報をありがとう!私は影響を受けやすいので、勧められるとすぐハマります。そうやって良いものにたくさん出会えたよ。
そんなかんじで友人たちからたくさんのことを教えてもらえたように、私も自分がblog上でお薦めしたものを「試してみたよ」とか「私も好きになったよ」って言ってもらえるととっても、とっても嬉しいです。本当に、すごく。たぶん皆さんが思っている以上に。ありがとうございます。
布ナプも知った当時は片っ端から女の子にメール送りまくったもんだ。。「布ナプ買いました!」報告も実はあちこちから届いていて、ほんと嬉しいです。
みんな、つかんでつかんで!快適生活、楽しい毎日。届くよ届くよ!
 *  *  *  *  *  *
と、ですね。
言ってる割に実は私、西村しのぶ先生の物語マンガって読んだことない!!
まったくの初心者なのです。すいませんすいません。でももういい加減読みたい。こんな人の書く物語が面白くないわけがない。
そんなわけで、何から手をつけたらよいでしょうか?画伯のエッセンスが凝縮している良質な長編,中編などなどあったらぜひとも教えて頂きたいです。
と、教えてちゃんしつつ。
書こうと思っていた「シンサレートを使って薄いジャケットを暖かく加工」の話がまったく入らなくなったところで続く(^△^)。
→続き
**前編、オーラカイリー賛歌**
**後編、シンサレート賛歌**

ハートをつけてあげて ハート 0

8 Replies to “西村画伯の『下山手ドレス』がすごい”

  1. 恋愛のせつなさ、カッコよさを味わいたいなら、サードガール(未完だけど)が私は一番好きかなー。「アルコール」も、出てくる食べ物がおいしそうでお洋服が可愛くって、私としてはお薦めです。

  2. >tohko_hさん
    さっそくおすすめありがとうございます~。『アルコール』気になる。食べ物がおいしそうなのは大好きです。

  3. (女性限定topic)布ナプキンかなり快適。

    毎月、1週間ほど・・・女性はとても大変ですからねえ。 生理痛、貧血、子宮内膜症、

  4. 布おりものシート2枚組【フェリシモでロハス生活】

    毎日使うおりものシート。これってみんなが使う枚数を考えたらものすごい量になりますよねー。@ねこぴだけじゃありませんよね?こう思うの…。毎日使うものだから気持ちよくて地球に優しいものを選んでみませんか?洗濯するだけでいいんですもん。試してみませんか?…

  5. 西村しのぶ『ライン』4巻のブレスレットはそりゃあほしいけど、

    ブレスだけじゃなくて邦彦くんごとほしいよ!あんな言葉を刻印して自分に贈ってくれる可愛くて素直な男の子ごと!(心の叫び)
    ライン 4 (西村しのぶ)
    最近の新刊、もうひとつ。
    『ライン』も大好きかつ新刊諦めてた(笑)のでちょー嬉しかった!です。

  6. 西村画伯で知ってはいたけど、こちらのblogで布ナプ生活始めました~。
    西村画伯だとおすすめはいっぱいありすぎてーなんですが、食いしん坊さんなら「アルコール」「一緒に遭難したい人」なんていかがでしょうか?30代超えた女子の夢としては「Line」も相当(食べ物でてきますし!)
    永遠のアイテムは「サードガール」ですけどね。

  7. こんにちは~、布ナプ生活、始めてくださいましたか!きっかけになれて嬉しいです~。
    画伯おすすめもありがとうございます!その後けっこう読みましたよ。今のところ『LINE』が一番好きです。食べものにお酒に、素敵な恋人に仕事!というもう盛りだくさんで、しかも読んでいて楽しい気持ちになれて。

  8. 黒い羽ナプキン、ウィスパーブラック!そしてナプキンはなぜ白いのか?の話

    おおお!これはすごい!
    オレンジスカイさんのblogで見てびっくり!
    ■松嶋尚美さんプロデュースの「黒い羽ナプキン」が、完成!
    ■オセロ松嶋デザインのウィスパー
    4月25日から限定発売、だそうです。
    えっあの問題はどうクリアしたの!?
    あの問題とは、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です