缶入り紅茶の思い出 ~吉野朔実『瞳子』

吉野朔実『瞳子』を読んで、あとがきまで読むといつも思い出すことがあるので書いちゃいます。
あとがきの、「缶入りのウーロン茶がこんなにも受けるなんて思いもしなかった時代です」という言葉。


このお話の舞台は80年代後半くらいだそうで、作者がちょうど大学を卒業したあたり。そして私は小学生から中学にあがろうかという時期。
コンビニエンスストアが近所に初めてできた。ひとつのお店の中にお菓子やパンやラップや文房具まで売っているのが珍しくて面白くてしょうがなかった時代。
今のように500mlペットボトルなんてないし、缶飲料もほとんど自動販売機で買うものだったんじゃないかしら。
そんなある日のこと。
小学校の帰り道で、道ばたの自販機の横に大きな段ボールが置かれて、その中に缶ジュースがいっぱい詰め込まれているところに遭遇しました。ぽつぽつと人だかりも。
さらに横にはおじさんだかおばさんだかがいて(その自販機の管理者らしい)、自販機撤去だか商品入れ替えだかのために、中身を配っちゃってるんだ、いくつでも持って行ってよ。と声をかけられました。
そんなわけで持てるだけ缶を持って帰ることに。でもいざ見てみると、オレンジとかのいわゆる”ジュース”の缶は1つもない。缶コーヒーが少しと、缶の紅茶がたーくさん(確か”霧の紅茶”という名前だったような)。
当時、缶で紅茶を買って飲む、というのが今のようにメジャーでは全然なく、「なんで紅茶??ヘンなの」というかんじでした。もちろんそれまで「お茶を外で買って飲んだ」ことなど一度もない。
でもだからこそ、見慣れない”缶の紅茶”というものがとってもおしゃれに見えました。
缶のデザインもシンプルで高級感があって。全体的に白くて、缶の上部分と下部分に細くリボンを巻いたように色がついていて、その色が紅茶の種類によって違っていて、どれも紺、濃い赤、深緑と渋い色。
記憶の中では大体そんなふうだったような。
そんな缶の素敵さに惹かれて(20年後とあまり変わっていない)、各色2~3コずつもらって帰ったような気がします。
で、おうちに帰ってわくわく飲んでみたら、おいしくなかったなと(^△^)。
一番素敵に見えた深緑の缶をたくさんもらって帰ったのですが、これが確かストレートティーだったのです。無糖。よく見たら缶にも無糖って書いてある。そして赤はアップルティーで、当時はやっぱりフレーバーティーは好きじゃなかったんですよね。うええ、甘くな~い。ヘンな味~。お子ちゃまだったし、お茶を外で買って飲んだこともなければ「甘くない飲み物を買って飲む」なんてこともありえない!でした。
それが今ではすごいですよね。吉野朔実のいうように烏龍茶からブレイクが始まって、緑茶もほうじ茶系も何種類もある。
紅茶もすっかり定着しましたよね。缶紅茶をブレイクさせたのはやはり「ピコー Pekoe」だったのかな。
ってうわ!!やっぱりこんなサイトが!
The Archive of Softdrinks:サントリーピコー
pekoe

懐かしいっ!!(>□<)
今見ても良いデザインだなあ。この缶に茶葉入れて売ってくれたら買う。
霧の紅茶もある!!
kirinokoucha

ああ~、これかなあ、これかも。そうそう、ミルクは茶色っぽい帯で、でも1本しか残ってなかったんですよ。紺はなかったのか。缶の下部分は帯なしか。
いや~、以前ご紹介した「20年前のチョコレートのメニュー」というサイトもそうだけど、ネットってすごいですねえ。こういうコレクションを見せてもらえるんだなあ。
と、懐かしいことを思い出したおかげで懐かしいものを見ることができました(^^)。
瞳子(文庫)
この表紙の絵ってことは、絶版本『天使の声』が一緒に収録されているのかな??
『瞳子』好きです。状況と人物を鮮やかな言葉で繋ぐ、吉野朔実流健在。

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “缶入り紅茶の思い出 ~吉野朔実『瞳子』”

  1. すっごく懐かし~♪
    「霧の紅茶」は母が適当に買ってきた中に、たしか・・・あった(笑)
    ピコーも飲んだよ~。
    高校生のとき好きだったのはサントリーのももの紅茶。
    プリンセス×2がCMしてたかなぁ。
    すごくシンプルなデザインが好きだったの。
    凍らせておくと、お弁当の時にちょうど溶けて美味しかったなぁ。

  2. >hinaさん
    懐かしいでしょ~?ももの紅茶!あったあった!
    >凍らせておくと、お弁当の時にちょうど溶けて
    >美味しかったなぁ。
    やったやった!!(>▽<)

  3. 瞳子:吉野朔実 親子,姉妹/兄弟,友人という距離を考えたい時に

    瞳子 (小学館文庫)posted with amazlet at 08.05.0…

  4. COLD – C =

    ふと思い出して、古い写真を引っ張り出してみました。
    4年くらい前に旅先で撮影したものです。
    こんな自販機はいやだ。

  5. 紅茶のおいしい淹れかた、飲みかた、楽しみかた

    ここ数日寒いですね!東京でも雪降ったし。
    こんな日は淹れたての紅茶でも。
    紅茶のゆるい貴公子(褒めてます!)、ひらたさんの紅茶の淹れ方記事にリンクを貼らせて頂きます。
    ■紅茶を美味しく飲むコツ : ライフハッカー[日本版]
    上の記事に関する解説的エント…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です