成田美名子の描くニューヨーク ~ 『花よりも花の如く』4巻、微量ネタバレ

アマゾンよ、画像を載せなさい。『花よりも花の如く』4巻が出ました。
ずばらじい!!!
成田美名子さんはやはりすごい。これだけ長く描いていて、絵はますます美しく、ストーリーはますます深く、登場人物たちはますます魅力的になっていってます。
今回この4巻、たぶん1~3巻を読んでいないかたが読んでも大丈夫。現在進行している成田美名子の良さをダイレクトに受け取ってもらえると思います。普段は自分が面白いと思ったものを面白かったよとご紹介しているだけなのですが、これはぜひ、読んで頂きたいですね。
*****この後ちらっとですがネタバレします。すでに読むおつもりのかた、あまり先入観を入れたくないかたはご注意下さい。*****


さて。
まず概要説明。
若き能楽師、けんちゃんが海外公演のためNYに行くわけですが。
成田美名子がニューヨークですよ!
まてんろうだーーー←もうこれだけでニューヨークだとわかるのはなぜ?
成田美名子が描くニューヨークが、またこの目で見られるとはっ(;口;)
さいふぁきたーーー『CIPHER』からのファンとしてはマジちょっと、風景だけで泣きそうになりました。
しかしそこだけで目頭をあっためてる場合ではなかった。
***このあとネタバレ***
***このあとネタバレ***
読んでいて、はたと目に留まったものがありました。
ニューヨークの夜景のコマに、ツインタワーが描いてある。
あれ?
それから「観光で貿易センタービルに行ってる」など、端々に不自然というほどではないのですが、あのビルの名前が出てくる。
そしてそういう時、コマ外にちょこっと「お話の中では’99年です」と書いてある。
『NANA』の矢沢あいさんは、911のことについてコミックスの”作者の言葉”で
「現実世界の大事件を物語の中では敢えて起こらなかったことにしたのは、深く傷つくキャラが存在したからです。軽はずみに触れることも曖昧にすることもできませんでした」
と書いておられました。登場人物の中の、ニューヨーク生まれの人を指しているのだと思います。
この時も、自分が描いている漫画、生み出したキャラクターのことを真摯に考えている作家さんなのだなあと思ったものです。
では成田さんは、どういうつもりでツインタワーを描いているのだろう。
そう思いながら4巻を読み進めていきました。単に話の進行が遅いため、実時間とずれてしまっただけなのだろうか。でもそれならツインタワーの方角でない風景を選ぶとか、セリフにわざわざ出さなくてもよいはず。
果たして。
まあ、もしも手にとって読まれる場合はそんなことは忘れてお読み下さい。ちょーもっといろいろ書きたいことあるけどってか実際書いたけど削除しました。うん、普通に楽しんでお読み下さい。それがいいはず。
新井英樹の『キーチ!!』が超豪速直球なら、成田美名子の『花花』NY編は魔球です。
時空を超えた魔球。
過去の、『CIPHER』の双子、サイファとシヴァが苦しみの果てに和解し合った、そんな二人の象徴だったはずのツインタワー、それがまだ輝きそびえ立っていた頃のニューヨーク。
あああ…..成田美名子さん。いい仕事していらっしゃいます。こういう作家さんを知ることができて、いい人生です。
**『くりおね あくえりあむ』には、内容についてさらに詳しく、より具体的に書かれています。
くりおねさんも最後のほうで言っておられますが、『花花』内の毛書を手がけていらした成田さんのお父さまが亡くなったとのこと。「今後は親戚一同合作にしようか」と4巻欄外に書かれていたので、どうしたのかな。。。と思って掲載誌『メロディ』最新号を見てみました。
物語後半の謡をお父さまの生前の書、前半を親戚のかた(ファンにはお馴染み、いとこのちあきさんのお父上)、題字は成田さんご本人、とやはり合作にしたのだそうです。ページをめくって最初に出てきた謡部分は、今まで見慣れた手と少し違う。でも柔らかくて素敵な書でした。
そして物語最後に出てきた文字を見て「ああ、これこれ」と思ってちょっと、びょ(;_;)。四角くて丸い、お父さまの書でしたよ。

ハートをつけてあげて ハート 0

10 Replies to “成田美名子の描くニューヨーク ~ 『花よりも花の如く』4巻、微量ネタバレ”

  1. こんにちは、くりおねです。
    トラックバックをいただき、ありがとうございました。
    今回の作中の毛筆はちあきさんとちあきさん父、そして成田先生の合作だったんですか。初耳でした。
    最後の「附祝言」は最終巻分まであるから大丈夫、と書かれてましたが、全部で何巻まで描く、ということをもう決めていらっしゃるんだなあとちょっとびっくりしました。まあ成田さんはラストを決めた上で描いていく方なので納得ですが。

  2. >くりおねさん
    >今回の作中の毛筆はちあきさんとちあきさん父、
    あ、失礼しました「ちあきさん父・成田さん父・成田さん」の3人です。(わかりにくかったので本文修正しました)
    くりおねさんの記事がまた違った視点というか、細かい描写に着眼して書いてらしてとっても面白く読ませて頂きました~。
    いやあ、ほんと4巻も素敵でしたよね。
    >全部で何巻まで描く、ということをもう決めていらっしゃる
    あ、そういう意味ですよね。そっか….ああっずっと続いて欲しいっ。でもどんな結末になるのかもすごく楽しみですね。ああっやっぱりさみしみ!?

  3. うぉ,そーいうことか...と納得の大ゴマでした.深いよね,成田さん.
    憲人と楽の会話はいいシーンだけど,二人称が「あなた」ってとこに歴然と
    した上下関係が...

  4. >もげちん
    >うぉ,そーいうことか...と納得の大ゴマでした.
    うん、うん。
    >二人称が「あなた」ってとこに歴然とした上下関係が
    おろ?私はそこだけ対等の象徴かと思ったよ、「あなた」。名前呼び捨てだと普段の上下関係のままってことになっちゃうからかな、と。

  5. なにっ!
    成田美名子新作書いてたのかしらんかたぁぁぁ。
    弓道とバスケのやつ(なんだったっけ?)までしか呼んでなかったよぅ。
    早速買わねば。
    で、NANAにニューヨーク出身の人なんていた??
    だれ?レイラ?

  6. >ゆいな
    >弓道とバスケのやつ
    『NATURAL』だね☆それを読んでるとは嬉しいなり!私あれ大っっ好きなのよ~~(;口;)
    てかあれの分流よ花花。『CIPHER』→『ALEX』のような関係。西門さんのお兄ちゃんが主役なのよん。西門さんも出てくるよ。好きじゃろ?西門さん(断定)
    >で、NANAにニューヨーク出身の人なんていた??
    >だれ?レイラ?
    そうそうレイラレイラ、たぶんね。はっきりとは書かれてないけども。

  7. 成田美名子さん原画展!

    ■成田先生デビュー30周年記念 原画展&サイン会開催!(白泉社)
    ・日時:2007年9月1日(土)~2日(日)
    ・場所:銕仙会能楽研究所(南青山)
    うわあ!あの珠玉で美麗なカラーイラストを原画で見られるだなんて!!
    これは万難を排して馳せ参じねばなりますまい。

  8. 「エイリアン通り」公演情報

    あの「エイリアン通り」の舞台化が具体的に進み、白泉社・成田美名子先生の快諾も頂き、稽古も順調に進んでいます。特設サイトやブログでは毎週の白熱した稽古の様子を続々アップ中です。
    ★★★「エイリアン通り」公演情報!!★★★
    2007年9月
    あの名作が色鮮やかに…

  9. 成田美名子さん原画展、ご本人のお人柄に感服の巻

    行って参りました成田美名子さん原画展。予想と会場キャパを遥かに上回る、ものすごい人出でした。いっときは行列が400人にも及んだとか!
    そ、そして。。。
    なんと直接、成田先生とお話することが出来たのです!!
    ほんの少し言葉を交わしただけだったのですが、作…

  10. 石橋

    ぽえ~(´=ω=`)・゜とカレンダーチェックをしていたら、オットくんの欄にこんなことが書いてある。
    「石橋打ち合わせ」
    しゃっきょうかあ(´=ω=`)・゜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です