フィギュア女子ショートプログラム!

2743487e.jpgフィギュア女子ショートプログラム、終わりましたね!観ちゃいました最後まで。皆さんそれぞれに納得のいく演技が出来たようでよかった。
写真は村主選手の、ジャンプ直前。


荒川静香選手、現在1位・2位に僅差で3位!
すごく安定していてとっても綺麗でした~◎ 丁寧な演技を続けての最後の最後、決めポーズがワッと華やかで、満足度が伺えて観ているこちらも嬉しかったです。衣装がまた、赤地に胸の前で剣を構えたような銀のラインが美しかったです。
安藤美姫選手、ちょっとミスが多くて残念でしたね。でも危なっかしく見えてもその時点で3位(結果的には8位)、基本的な技術がやはり高いのだなあと思いました。直後のインタビューでも「ジャンプは失敗したけれど楽しく滑れた」と語ってくれてほっとしました。
そして村主章枝選手、観ていて一番胸が躍るのがやはりこの人の演技でした。開始寸前の挑むような強い目。最後のジャンプが決まると同時に音楽ががんと盛り上がり、表情も弾けて観客へのアピールも大きくなって。
彼女はいつも「お客さんを楽しませるような滑りをしたい」と語ってますよね、今回も本当にそんな演技だったと思います。現在トップに僅差の4位。
皆さんフリーもがんばってほしいですね~(T^T)。
他に印象に残った選手のことも。
エレーナ・ゲデヴァニシュヴィリ選手(グルジア・16歳)。
回転がすごく速くてキレがあって、目立ちました。衣装も赤地に黒のレースでとっても綺麗。お顔もデビュー当時の奥菜恵を彷彿とさせる、幼い中にも大人びた美人さん。
それからエミリー・ヒューズ選手(アメリカ・17歳)。
急きょ出場が決まった選手だそうですが、もうすっごい楽しそうでした。アナウンサーの男性もおっしゃってましたが、ひとつひとつ技を決めるたびに「どう!?(・▽・)*」という笑顔、フィニッシュのような決めポーズ(>▽<)。手の表情などもとにかくパワフルで、THAT’S AMERICA!って感じのマッチョな滑りでした。
その後のイリーナ・スルツカヤ選手(ロシア・26歳)を観たら、アピールといい安定感といいさすがの貫禄だなあ~という感じでしたが、ヒューズ選手は初々しくって観ていて楽しかったです。
昨年末の全日本女子シングルでも恩田美栄選手が一番印象強かったし、私どうやらパワフル系滑りが好きなようす。
現在1位となった最終滑走サーシャ・コーエン選手(アメリカ・21歳)、ジャンプが高くてゆっくりで、回っているのがよく見えました。回転が速いとわっすごい!と思うのですが、ゆっくりっていうのもまたすごいな。自信満々な表情がすっごくキュートでした。衣装も鮮やかなブルーにピンクやイエローの刺繍で、一番可愛かったです(^^)
 *  *  *  *  *  *
どの選手も演技直前にコーチと手を取り合いながら一言二言言葉を交わし、それから振り返って滑り出してゆく先のリンクの広さ。ぽつんと小さな身体で真っ白な空間に一人立っていて、こんな場所でそれまでの数年間に渡る努力をすべて出し切らなければいけないなんて、華やかに見えるけれど肉体的にはもちろんのこと、精神的にも本当に苛酷なスポーツだなあ、と改めて感じました。
メダルどうこうよりも、自分自身で納得いく滑りをしてもらいたいですね。

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “フィギュア女子ショートプログラム!”

  1. リアルタイムで見てたのね。スゴイ。
    私は朝起きて、お弁当つくったところでテレビをみたら、ちょうど村主選手が滑り始めるところでした。
    すごいステキだったー
    綺麗だし、華麗だし、それでいてパワフルなところもあって、すごく見てて楽しい競技だねー。
    フリーも楽しみだね

  2. >シオリちゃん
    >ちょうど村主選手が滑り始めるところでした。
    >すごいステキだったー
    >綺麗だし、華麗だし、それでいてパワフルなところ
    >もあって、すごく見てて楽しい競技だねー。
    ねえー、ほんと◎
    でもハラハラもしちゃう。みんな転んだりしないで~(>_<)と思って;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です