講談社といえば

もうアートですね。

『バガボンド』2週連続モーニングの表紙ですね。ううむ美しい。
そういえば以前オットくんが「今日は仕事の関係で講談社に行ってきた」というのを聞き、開口一番脊髄反射で出てきた言葉が



「小林まこといた?」


自分で自分がちょっとやだった。

「講談社といえば普通に考えて井上雄彦だろう!?ビルに垂れ幕とかすごい宣伝だったのに!!」とオットくんにも怒られました。
否、でも!小林まこと大好きだし!それに、

「幼少時の私の4割くらいは小林まことが占めてたし……(・x・)」

OT「そんなの結婚前に聞いてないよ!!!!」

…生まれてくる子供の血には小林まことが混じります……。
皆さんは「講談社といえば」誰?

オマケ♪あたくしの輝かしい小林まこと遍歴。

1・2の三四郎
柔道部物語
What’s Michael?
I am マッコイ最後のわかっちゃった人は手を上げて!勇気を出して!!
ところで『三四郎』の志乃ちゃんって”巨乳キャラ”なのにCカップなんですよ!?時代を感じますね。
(高校生当時の話ですが。『格闘探偵団』では軽くFとかありそうです)

ハートをつける ハート 0

“講談社といえば” への5件の返信

  1. 講談社といえば・・・なかよし読んでました。
    あさぎり夕、竹本泉、武内直子・・・。
    隣で主人がいろんな雑誌を語ってます。
    なんでそんなに詳しいの?
    うちも心配・・・いったいどんな子?
    マジで詳しすぎ!?

  2. 講談社といえば,『なかよし』も読んでいたけど
    その前は『テレビマガジン』とか『コミックボンボン』とかですかね(^^;
    最近だと,やはり講談社ノベルスの印象が強いですが。

  3. >hinaさん
    ニャーチさん…詳しそうw 私もどちらかというとなかよしよりはマガジン(それも月刊のほうを購読)でした。あっでもあさぎり夕は好きだった!『なな色マジック』!ああ……Bっ(萌)
    >藤也くん
    コミックボンボンて!マイナーだということしかわからないよ。講談社ノベルズか、確かにそうかも。

  4. あの「スラムダンク あれから10日後」が大判フォトブックで発売!

    マジで!!
    やっと手に入る!
    スラムダンク『あれから10日後-』完全版井上 雄彦フラワー 2009-04-10by G-Tools
    2009/4/10発売予定、だそうです。
    価格は2,100円。

  5. 小林まこと『青春少年マガジン』amazon在庫が復活してる!

    わあ!ずうっと品切れだったんですが、新品在庫がありになってる!やったあ!
    青春少年マガジン1978~1983 (KCデラックス)著者:小林 まこと販売元:講談社発売日:2008-12-17おすすめ度:
    現時点で「通常2~4週間以内に発送」ですが、ちゃんと新品で買える。嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です