おがきちか『ランドリオール』最新33巻、ついに実現か!?DXを加えた明るい”アカデミー騎士団”!



わあああ!!
書いてはなかったけど毎回楽しみに読んでましたランドリ、早いもので33巻…!
それが!ついに!
以前17巻あたりの時に書きましたが、DX不在だった『アカデミー騎士団』編が、みんな必死で痛々しくて気の毒だったんですよね…
しかしあの『アカデミー騎士団』編のようなエマージェンシー展開に、一つ前の32巻からなっておりまして。『ダンジョン編』とか『王城地下編』と呼ばれているようです。

このダンジョン編には!DXがいる!

12、13、14巻あたりの『アカデミー騎士団』編でティティ、フィル、ライナス、ルーディー、イオン。
それと平行して『ウルファネア』編ではDX、六甲、リド、五十四さん、アンちゃん、と、主要人物が二手に別れてそれぞれが窮地を打開しようとがんばっていたんですが。
何しろ『アカデミー騎士団』編がしんどそうだった。DXの明るさがなくて、みんなピリピリしていて。
DXがここにいれば、ティティの負担も減るし、ライナスももっと動きやすかっただろうな、とか。イオンちゃんももっとのびのびできただろうとか。

それが今回は!みんな一緒だー!満を辞しての!DXを頂点にすえたアカデミー騎士団キタ!
わああ楽しみー!

みんなが(DXすら)妙に好戦的になっている、というのもきっと伏線で、あとで原因が判明するんだろうな。
パトレイバーの後藤隊長みたいな顔した神官騎士長さんの裏での活躍とか。
ルーディーが工房でDXの鎧の可動域を広げられるよ、とアイディアを出したりとか。
フィルが五十四さんに対して恩義を感じていたり、あと「両効きは大きなメリットだぞ」と褒められていたのも六甲のおかげですしね。
そんなこんなで細かいところでちょっとずつ支え合っているみんなの様子が垣間見えてしみじみしました。
女子騎士団とかね!メイアンディアと寮監の。

そして、巻末ではあの人もちらりと登場していました。
あの馬がわからないんだよな。ユルドゥという名の。姉はフルムというらしい。過去に出てきたかしら??そのうち出てくるのかな?
(追記)あ、31巻の最後にちらっと出てきてましたね!フルム。双子の妹と砂漠で遭難?的なことになり、別々の方向へ旅に出ることを余儀なくされた、と。そしてDXと会っている。なるほど、この双子の馬の片割れがユルドゥで、こちらはあの人を助けることになったのかあ。
(追記、以上)

以上、いっつも前のめりガッツポーズで読んではいるのですが書き留めないで流すまんまが続いていたので、はなはだ簡単ではあるけれど面白いよー!という感想メモでした。ああ次巻も楽しみ…でもあんまりやりきってしまわれると終わりが見えてくる感じがして寂しい!終わらないで!物語に決着がついて欲しい、みんながそれぞれ幸せな方向へ進んでいく背中が見たい、とも思いつつ、でも終わらないでほしい!!

ーー
関連リンク
つい検索していたら、33巻の感想を書いてらっしゃる方発見!コミックスの中身の画像をかなり載せてらっしゃるのでネタバレを避けたい方はご注意くださいませ。読んでからの方がよいかも。
おがきちか先生のツイートをまとめたりもしてらしておお〜!

『Landreaall 33巻 感想』“名もなき国宝級”DX、騎士やめるってよ?:おがきちか : アニメと漫画と 連邦 こっそり日

ーー
関連あひる
2017-09-29 『ランドリオール』30巻と『3月のライオン』13巻、新刊!
2016-11-11 おがきちか『ランドリオール』アニメ!単行本特装版の特典OVA

February 26, 2016 おがきちか『ランドリオール』最新27巻が盛り上がりすぎて大変なことに(私が)
August 30, 2015 ランドリオール最新26巻がもう、間違いなく過去最高潮の大盛り上がり

July 27, 2015 おがきちか『ランドリオール』新刊26巻と、ドラマCDの新作『Landreaall 女神のクッキー・クエスト』も発売!!
December 20, 2012 ランドリオールがKindle化されてる!!

January 16, 2012 ランドリオール19巻、あまずっぺ面白かった。
December 28, 2010 おがきちか『Landreaall(ランドリオール)』17巻が面白すぎて泣けてくる

ランドリオールはアニメだけじゃなくゲームになってくれてもいいのかもしれない
Landreaall(ランドリオール)ドラマCDの声優さんを脳内でしゃべらせてみるためのメモ

ランドリオール15巻が出た、おがきちか祭り
ランドリオール16巻、心に騎士道



ハートをつける ハート 2

2 Replies to “おがきちか『ランドリオール』最新33巻、ついに実現か!?DXを加えた明るい”アカデミー騎士団”!”

  1. ああ、こうやってランドリの話ができるなんて!!
    追記で書かれてましたが、ユルドゥの姉馬のフルムさんはプチリオールで出てましたね。
    いやあ、今回のインヴァース編もスピンドルの時と同様ドキドキしながら展開を読んでました!
    さりげなく伏線回収してくるあたりがおがきちかさんらしさでニヤニヤしますね。

  2. へなちょこさん
    わー!へなちょこさーん!ね〜!も〜!ランドリ話!嬉しい!!
    アカデミー騎士団が、読者アンケートで不評だと知って慌てて畳んだ、という話には驚愕しました。(ソースはおがきちか先生ご本人の発言でした。ツイッターだったかな?)
    あれを面白くないと感じるなんて!?

    なので今回、それにもめげず、というかおそらくより工夫して同じ構造の話をやり直すことにしてくれたんだろうなあ、と想像すると敬意を表したくなります。
    今つい、ディアとの出会い(9巻あたりの、お姉さんとのお見合いでの再会)から読み返しちゃってます。こうして二人は少しずつ関係を育んでいったのだな〜と感慨深い。

    前にもどこかでお話した気がしますが、あの赤ちゃんへの祝祷が大っ好きなんですよねえ!!誠実であれ、寛大であれ、そして自由であれ、ていう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です