信号と私 in 5th st.

11fdda3b.jpgネタ写真。昨年のNYで撮影。
アホですね。
blogやってたわけでもないのに、
誰のための、何のためのネタ
なんでしょうか。
ちなみにこのいでたち、変装のため
ではなく防寒です。実用。


***Thanks ◎ (^▽^) ◎ Reading***
さらにちなみに、2001年冬の初海外でもやりました。
「信号と私」in London。
ライフワークにするつもりです。
London ver.はデジカメでなくフィルムで撮影したためデータなし、
アルバム自体も行方不明なので、発掘したらまた載せます。
(いらない?)→発掘しました。
’05.6.3追記:ちなみにアネの勇姿がこちら。

ハートをつけてあげて ハート 0

6 Replies to “信号と私 in 5th st.”

  1. うはははー!ライフワーク万歳。Londonでの変装もぜひ見てみたいです。お願いします。
    ていうか、信号機、もっさりした人形ですねえ。
    静岡で見かけてから、どうも交通標識に注目しちゃう私です。
    (mixiの日記ですが・・
     http://mixi.jp/view_diary.pl?id=5689554)

  2. なんかなつかしいなぁ。○○と私シリーズ。合宿のとき、「線路と私」撮ったよね。なんだかハイになっていて「線路と電車と私」を撮ろうとか、「線路と電車と無残な私」を撮ろうとかあほなことを言っていたのを思い出しました。
    それから売店であんぱんを買って、ヤンキー座りしてすーはーしてる写真も撮りました。あなたの旦那さんには、じゃんけんで負け続けて死ぬほど味噌パン食わされました。
    ゆいなも、ハワイのカメハメハ大王像前でドラゴンボールやったり、NYで自由の女神やったり、イタリアのピサの斜塔を支えるような写真撮ったりしたもんでございます。
    ピサの斜塔に行ったときは佐藤君と言う人が一緒だったので、屋台でピザを買ってきて、カフェから砂糖を頂戴して、「ピサの斜塔前でピザと佐藤と砂糖」というマニアックな写真も撮りました。
    三十路なのでそろそろ落ち着きたいとおもいつつ、血が騒いであほ写真を取ってしまうのはなぜ?

  3. >yanaさん
    ありがとうございます。ウケた(^^)
    ご紹介の記事の中の、道路標識のページすごいですね!そんなに種類あるんだあ…。
    >ゆいな
    「ピサの斜塔前でピザと佐藤と砂糖」!!すごい、完敗です。まいりましたorz。
    やったねえ「線路と私」。あほじゃったねえ。

  4. >籐也くん
    お、これも楽しいねー。「中肉中背型(粘着質)」っていう分類に笑った。
    とりみきもおじぎ看板比較やってたような。(工事中につきご迷惑を…ってあれ)

  5. 世界がDAI-HONYA のようになりませんように

    はい、ヒヨコのオスメス鑑定士といえば、
    ダイホンヤ(DAI-HONYA)(とり・みき/田北鑑生)
    です(たぶん違う)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です