美味しいビストロとうちの子に向けられた謎めいたキーワード

子供の幼稚園のお盆休みとトイトレが重なってゆっくりブログを書く時間がまったく取れない夏のまんなかに、なんてことのない日記っぽいお話。

今日(昨日)は家族でちょっとだけ遠出をして、いつも行かない方角の駅で降りて大きな公園に行き、近くでお夕飯を食べられるお店を探して行ってみたら超美味しかった!
まず上品かつ気さくな物腰の女性の店員さんから勧めて頂いた白ワインのグラスがまさしく今飲みたかった味!というぴったし感で感激。普通のサラダもひとつひとつの野菜がハッとするほど美味しくて、ドレッシングも味は薄めでこれといって特徴はないんだけど美味しい。サラダだけで大興奮でまた来たい!と思いましたが行きづらい!電車やら何やらを3本くらい乗り継がないとたどり着けない。でもまた来たい。

うちの子も、公園で遊びすぎて眠かったりで微妙にご機嫌斜めで叫んだり、ご機嫌戻ったかと思えばテーブルクロスを思いきり引っ張ろうとしたり(それはマチャアキにしか許されない芸だからやめて!と大昔の新春隠し芸大会のネタで止めました)、外食中は概ねお行儀良くしてくれるのにたまにある普通のお子さんモードで恐縮でしたがもうひと組も似たような年齢のお子様のご家族連れだったので肩身の狭さも軽減でした。
トイトレ真っ最中のうちの子、ちゃんとトイレでおしっこできたしパンはもりもり食べたしカルパッチョも食べて偉かった(他のものは勧められただけで叫ぶほど拒否でしたが)。

そんなお出かけの日の夜、お布団に入って絵本も読み終わり、電気を消すよ、という段になってうちの子がはたと顔を上げ、

「ねえねえ母ちゃん、なんでお店の人、アイス持ってきた時に『おこめ』って言ったの?」

そうだね言ってたねえ!
そうなのです言ってたのです。
ええと、父ちゃんも一緒のお出かけの時や、お客さんと一緒の時には特別にデザートを注文しても良い、といううちルールにのっとって、今回も食後にバニラアイスを注文したのですが。
お店の感じの良い女性が、アイスを持ってきてうちの子の前に置いてくれながらにこやかに、

「おこめ」

えっ。
にこやかに去っていく女性。
米粉のアイス、とかなのかな?と思ったけど食べてみるとそんな感じでもない、ごく普通のバニラアイス(たぶん自家製というわけでもないと思う)。上にかかっている赤いソースもラズベリーの味。タイミング的には「お米のソースですよ」という意味に取れるような言葉とお皿の置き方だったけど普通にラズベリー。
なんだったんだろう!?あの「おこめ」なんだったんだろう!?聞き間違い!?だったら何て?「お食べ」?いや違うよねカジュアルとはいえフレンチビストロで「お食べ」はカジュアルすぎるよね!?カジュアルっていうか田舎のおばあちゃん感出ちゃってるし!

何だったんでしょう…あれは一体。気になって眠れなくなって腕の中でくるくる回ってひとしきり寝ポジション探しをしてからすやすや眠る子供の眠気を誘う温かさにも打ち勝ってしまい、起きてきて今これを書いています。

ちなみに寝ポジ探し、今日は帰りの電車の中でも始まってびっくりしました。電車で隣の席から私の膝によじ登ってきて向かい合わせにぺしょんとくっついていたかと思ったらそのままもぞもぞ回転し始めて正面向いたりもう一周して向かい合わせになったり。くるくる。

お店は王子駅の「ビストロジュン」です(食べログ)。

 

堺正章 HIC-1021
堺正章
ビクター エンタテイメント株式会社
2008-09-01

 

ハートをつける ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です