伊藤理佐『おいピータン』『おんなの窓』久々の新刊がパワーアップして面白かった(ややネタバレ)

おいピータン!!(13) (ワイドKC)おいピータン!!(13) (ワイドKC)
著者:伊藤 理佐
販売元:講談社
(2012-11-13)
販売元:Amazon.co.jp
おんなの窓 4おんなの窓 4
著者:伊藤 理佐
販売元:文藝春秋
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp

先月11月に出た、伊藤理佐産休明けの新刊二冊が面白かった!と遅ればせながら記録。特に『おいピータン』の面白さとほろりとくる加減がパワーアップしていた。すばらしいー。(以下ややネタバレ)


おいピータンはもともと食べ物、食をテーマにしたオムニバスで、基本ギャグ、たまにほろり、ほっこりするお話です。あれかも、『孤独のグルメ』の女性誌版みたいなって言ったらわかりやすいかしら(知ってる人にだけな)。ゴローさんみたいな食に関する語りや仕事の苦労話をいろんな人が入れ替わり立ち替わりやってるような。わかりやすいのかそうでないのか、しかも合ってるのかどうなのか微妙な説明でアレですが。
今回のほろり系の話は何というか、今までに増して奥行きのある、ぐっとくるお話でした。お味噌汁の具とおばあちゃんが入院した時の思い出とか、大森さんと一緒に涙吹き出ました。いや~長い休載明けにも関わらずクオリティが変わらないどころか深みが増しているなんて読んでいて本当に嬉しかったです(涙吹きつつ)。今後も新刊楽しみにしています!
同じくおいピータンを読んでいる友人に言われて気づいたのですが、今回の話のひとつ『ムッキー』、あのご夫婦、マミさんですね!あの、大森さんたちが仕事相手の奥様の名前を思い出せなくて、親しくなっちゃったもんだから今さら聞くに聞けなくてあれこれ試行錯誤していたあの話、あの仕事相手の人とその妻マミさんじゃないですか!
このムッキーちゃんの話も良かった、というかキツいよねえ…でもわかるわあ~…と久しぶりに会った友人としみじみ話してしまいました。「夫婦なのに伝わらない、しかも相手は “伝わってるふり” をしていてわかり合ったことになっている…」…。
こんな些細な、ほんのちょっとした人間関係の隙間を取り上げて表現してくれるって、しかも伊藤理佐のすごいところはそういう暗いことを取り扱っても重くなりすぎずに明るくサラッとしていて、笑える方向に持ってっちゃうところだと思う。本当に素晴らしいなあ。ってあんまりベタ褒めすると今回のエピソードのひとつ、やることなすこと褒めちぎられてブームになっちゃって自分を見失っちゃったタネコさんみたいな気分にさせちゃうだろうか。いやいやほんとに面白いので自信持って頂きたいです。今後も新刊楽しみにしています!(二度目)
あ、でもいっこ言いたい(作品に対する文句じゃないけど)。今回の最後のドーナツの話。穴も一緒に揚げてナニが悪い!!
えとですね、前の彼女がドーナツ作ってくれた時に真ん中の穴部分の丸いとこも一緒に揚げてたことを「無駄のない良い奥さんになれそうでしょ?」という結婚したいアピールに感じて重かった、っていう話でして。いやそんなふうに取られても。まあたぶんドーナツだけじゃなかったんでしょうけどね、他にもいろいろ重かったんだろうけどさ。別の彼女はマジメすぎてドーナツにデコレーションしすぎでがんばりすぎてて引いたとか、いやそんなふうに取られても。マジメに突き詰めるしかできない人間だっているのよ!
まああれなんですよね、その彼女たちが悪いわけじゃなくて、単に相性の問題なんだろうな(余計救いがないかもしれないけど)。ドーナツの真ん中揚げてることにキュンとくる人や、研究しすぎでデコりすぎなドーナツにぐっとくる人だっているんだ必ず。そういう人同士がちゃんと巡り会えることを良縁って言うんだろうな。
でもこの男性はあれだよね、前には冷やし中華で歴代カノジョを試そうとしてたいけすかないヤツだよ。てめえで作れってんだよ冷やし中華もドーナツもよ(急にやさぐれてますよ)。
そんなこんなで(?)面白かったです。今後も楽しみだー。どこまで続くかおいピータン。
『おんなの窓』の方は主に育児エッセイ的内容で、やっぱり面白かったです。『おかあさんの扉』や、オットの人、吉田戦車『まんが親』と同じ出来事がまたちょっとずつ違う視点から描かれていて。
おかあさんの扉 (オレンジページムック)おかあさんの扉 (オレンジページムック)
著者:伊藤理佐
販売元:オレンジページ
(2012-02-17)
販売元:Amazon.co.jp
まんが親 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)まんが親 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
著者:吉田 戦車
販売元:小学館
(2011-11-30)
販売元:Amazon.co.jp

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “伊藤理佐『おいピータン』『おんなの窓』久々の新刊がパワーアップして面白かった(ややネタバレ)”

  1. はじめまして。
    あの彼は一巻の冷やし中華君と同一人物でしょうか?
    大森さん達と同じ会社の「カレー好きで白猫飼ってる」彼なのは確かですが、自分も気になって読み直したところちょっと微妙かな…と思いました。
    カレー話の後にも会社でのシーンに出てますが、チャラい冷やし中華君に比べて、普通にモテる系会社員ぽいオーラが出てるような…
    彼女のタイプも似てるようで見た目が違いますよね。
    おいピータンの登場人物相関図が出れば即買っちゃいます。

  2. はじめまして。
    あの彼は一巻の冷やし中華君と同一人物でしょうか?
    大森さん達と同じ会社の「カレー好きで白猫飼ってる」彼なのは確かですが、自分も気になって読み直したところちょっと微妙かな…と思いました。
    カレー話の後にも会社でのシーンに出てますが、チャラい冷やし中華君に比べて、普通にモテる系会社員ぽいオーラが出てるような…
    彼女のタイプも似てるようで見た目が違いますよね。
    おいピータンの登場人物相関図が出れば即買っちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です