祇園精舎の鐘の声・・・「平家の恋人」

オットが買ってきてくれた広島出張のおみやげがじわじわヒットです。
DSC06719

祇園精舎の鐘の聲・・・
って言われても。点が3つも。しかも「平家の恋人」ってもう、
OT「軽く意味がわからない」
な。ホワイトチョコのラングドシャなら誰でも恋人だな。
OT「『面白い恋人』ほどネタに走ってるわけでもないし…」
オットくん、箱を手に取り裏表しげしげと眺め回して、
OT「…なんの照れもツッコミもないなあ」
手厳しいなオットくん!!
OT「どっかに『すんませんした』とか書いてあるかと」
ないねえ。大真面目だね。諸行無常の響きあり・・・。そんな11月の幕開けでございます。
あっ、しかも開けてみたら!


DSC06844

「KOIBITO(はぁと)」
こじゃれすぎている!
もはやまったく平家じゃない!!
わかってたけど。知ってたけど。
OT「平家がどうこういうなら、少なくともハートじゃないだろ」
だよね。
OT「開けてみても『その昔天皇家に謹上されたお菓子で』とかいう由来は書いてなかったのか」
ないね。
ひょっとしてどの恋人も中身コレなんじゃないかしら。他のヘンな恋人も全部これ。
味は普通に美味しゅうございました。
関連リンク。
October 03, 2012 耳なし芳一をパワポにする
平家物語〈1〉 (岩波文庫)平家物語〈1〉 (岩波文庫)
著者:梶原 正昭
販売元:岩波書店
(1999-07-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です