「夫婦円満に過ごす秘訣」をオットに読ませてみた

 ”734 :名無しさん@HOME:07/10/16 01:43 0 ID:?
一言で言うと相手を信用する。それが秘訣。
今まで妻の言動に腹が立つ事がよくあったのだが、ある本を読んで、その中に書いてあった、
「その人と全く同じ人生を歩んだら、まったく同じ行動(ここでは腹立たしい言動)をするだろう」
という内容。たまたま、自分はその人とは違う人生を歩んだだけで、同じ立場ならきっと同じ事をするだろう、と。
それを意識するようになって、妻の話をよく聞くようになった。
するといつも彼女は懸命に生きて、懸命に物事をこなしていることに気がついた。
どんなに腹立たしい事があっても、それに至る理由をよく聞くと、なるほど俺でもそうするだろうなぁと思う。いつ聞いても最後には納得できる答えが返ってくるんよ。
そのうち、聞くのがめんどくさくなってきて、どんな事があっても、いちいち理由を聞かなくても、ああ、それなりの理由があるんだな、と思うようになって、生活から俺の(妻に対する)怒りが消えた。なにがあっても怒らなくなった。だって、必ず俺を納得させる理由があるんだもん。
つまり、妻を全面的に信頼、肯定している形。
そういう俺に対し、妻も同じ態度で俺に接するようになり、この人はどんな時も私の味方なんだ、と
自信をつけた様子で、どんな事も相談してくるようになった。妻からの完全な信頼を感じるようになった。
ここに書き連ねたらキリがないほどの好ましい循環が始まり、精神的な結びつきを強く感じるようになった。
相手を変えるより自分を変える、この言葉を確かなものとして学び取った気がする。

夫婦円満に過ごす秘訣 | ライフハックちゃんねる弐式

(ネタ元:clione clitiques
スバらしい!!ハラショー!!blogにコピペして世界中の全オットというオットは目を見開き耳かっぽじってよく読めって書いてやる!!と思っているところへコーヒー飲みに通りかかったオットをとっつかまえて目を見開き耳かっぽじってよく読めって言いおいて洗い物していたら。
無言無反応でPC部屋に戻って行ったので洗い物を途中でやめておっかけてってどうだったんだよ読んだのかよ復唱しろよと言い募ってみました。


読んだのかよ。
OT「( ´_ゝ`)(頷く)」
復唱しろよ。
OT「…なんだっけ( ´_ゝ`)」
読んだんじゃないのかよ!!
妻のやることにはすべて明確な理由があるということですよ。めんどくさいなあと思っても聞いてみると深く納得が行くことばかりだって話ですよ。
OT「それを言うならこちらのやることにもすべて明確な理由があるわけですよ(゚Д゚ )」
うるさい黙れまずはそっちが折れろ話はそれからだ。
今回は無言で掴み合いじゃなくて無言で悲しげなハの字まゆでメンチ切りながらでこのこすりつけあいになりました。心からの贈り物は美しいとシャディは考えます。
つい先日も一緒に家を出た時あっまた郵便受けのダイヤル錠ひねり忘れてるだのちゃんとひねってるだの10回中9回は忘れてるだろだの努力は認めてあげてだのうるさい黙れだの延々言い争っていたら商店街まで着いちゃって、なんでハイすいませんで済むはずの話がこんなに歩いてもまだ終わってないんだよ「夫婦の楽しい会話じゃろ」楽しくねえよ!!ってことがあったばかりです。
賢者のおくりもの賢者のおくりもの
著者:オー・ヘンリー
販売元:冨山房
(1983-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつける ハート 0

“「夫婦円満に過ごす秘訣」をオットに読ませてみた” への1件の返信

  1. そう すべての好循環の手始めにどちらが先に折れるのかというところでどちらも譲らずそこに留まるところに夫婦不円満の原因が…ええ我が家も。おまえが譲れよ おまえこそ先に譲れよ こればっかで先に進みませぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です