鈴木祥子にCocco、知人の36歳36曲ライブに行ってきたよ

R0026316

ここ2年ほど参加させてもらっている社会人バンドがありまして。好きなアーティストの曲をコピーして、数ヶ月に一度みんなでスタジオ借りて集まって演奏してまったり楽しむという、ゆるい活動。
先日は、その中のボーカリストさんのライブがあったので行ってきました。
彼女の誕生日記念ライブで、テーマは「36歳で36曲演奏」。5時間歌いっぱなし。フルマラソンというより100kmマラソンのような凄まじさ。
しかもボーカルだけでも声量も表現力も素晴らしくてめちゃくちゃすごい彼女の、さらにすごいところはギターもピアノもできるところ。しかも今回は「全パート演奏」という目標も掲げたそうで、ベースにドラムまでやり遂げてました!
トライアスロンです。CCBです(いやさすがにドラムの時は歌ってなかったけど)(せめて鈴木祥子と言えと)


曲目は主に鈴木祥子、BONNIE PINK、Coccoを一時間ずつ演奏する3バンドが中心で、そのあいまにいろんな人が入れ替わり立ち替わり楽器やマイクを手にステージに上がるセッションタイム。お誕生日様である彼女の、生い立ちの記的いろんなアーティストの曲でした。
セッションのオープニングはプリプリの『DIAMOND』!懐かしい!!そうだよね、中学の頃私もなぜかあの曲「ライブで歌う練習」してた!あてもないのに!
あの頃バンドブームだったし、TVの中で歌ってる人たちみんなキラキラ楽しそうで見ていてワクワクしたよなあ。
この日のライブは、当初私も鈴木祥子バンドのコーラスにお呼ばれしており、途中まで練習に参加していたのですが、体調不良により出場(?)辞退となってしまい。でも代わりのコーラスさんにも引き受けてもらえたし、当日はお客さんとして聴きに行くことができたので心置きなく堪能できました。
出られなかったのは残念でしたが、途中まで参加していた練習もものすごく楽しかった!
いつものゆるゆるセッションも楽しいのですが、ライブのための練習となるとみんなひと味もふた味も違って、一曲一曲を細かくパーツに分けて全員で意見を出しあいながら、丁寧に仕上げていくんですね。
ライブ練習なんて学生の頃以来だから約15年振りだけど、あの頃こんなに集中して真面目にやってたかしら…。社会人の好きなことにかける情熱はんぱない。しみじみ惚れ惚れでした。
皆さんいろんなバンドをかけもちしてるから、練習日を設定するのも大変で。社会人なので土日しか動けないんだけど、基本2~3ヶ月先まで全部の土日が埋まってる人ばかり!すごすぎる!
練習で出来上がっていく音もぴりっとして格好良かったし、当日の演奏も皆さん素晴らしかったな。
一回の練習が4時間もぶっ続けだったのですが、毎回4時間があっというま。むしろ足りないくらい。本当に充実した濃密な時間を過ごせて、とても楽しかった。誘ってくれてありがとう!お誕生日様!
コーラスとして途中まで参加した私がそんなふうに思うくらいだから、当の主役で主催の彼女の感慨やいかばかりか。36曲も歌い続けて声はまったく衰えず伸びやかで、笑顔もいつも通りほんわかにこにこで、本当にすごいなあ、と何度も目が潤んでしまいました。
最後のCoccoバンドのラスト一曲が後奏にさしかかった時、彼女が横のギターさんに視線を向けたらギターさんがすごいいい笑顔で返して、ドラムさんを振り返ったらやっぱりいい笑顔で、ひとりひとりのメンバーの顔を見ていってそのたびに笑顔を返されて、彼女もそのたびにどんどん大きな笑顔になっていって。
私が参加したバンド練習の空気感を知っていただけに、きっとこのバンドでもああだったんだろうな、信頼のおける友人たちと凝縮した時間を過ごしてきて、今最後の曲が終わろうとしてるんだな、と思ったらもう涙腺決壊でした。
彼女や演奏者の人たちがギターを替えたりするたびに、出番待ちの人たちがステージの外からさっと受け取ったりコードをさばいたり、そんなさりげなく機敏なサポートも見ていてとてもエレガントでした。
マルチな才能を持ちつつ、人当たりが柔らかくて謙虚で、鍛錬を惜しまない彼女だからこそ、たくさんの人たちが手を差し伸べて、5時間36曲ライブという長丁場を一緒に踏破できたんだろうな。
全バンド演奏が終わって、最後の最後、36曲目はキーボード弾き語りで、鈴木祥子作曲、川村カオリの『Life』でした。
 ”それでいい それでいい それでいいよね
 答えてよ 神様
 夢はいくつになっても見てもいいよね”
いいよね。
また一緒に歌おうね!
R0026319

 ——————–
以下、余韻が台無しなオマケ。
彼女のだんなさまが、機材運びや何やらで手伝ってくれたんだそうでずっと会場にいて聴いてらして、初めてお会いしたんですがかっこいい!渋い!ロックなかんじ!?
那州雪絵『魔法使いの娘』のジュニアさんみたい!(超ほめてます)
ほにゃっと柔らかな彼女に似た雰囲気の人かな~なんて何となく思っていたのですがなんか矢沢系!?硬派な!?しかも丸一日つきあってステージまでずっと見ていてくれるなんて!優しい!
ええ~今度詳しくなれそめとか人となりとか訊いちゃうよ!?きゃあきゃあ。
関連記事。
那州雪絵『魔法使いの娘』なぜこんなに面白いのか
Jr.さんは5巻と7巻で活躍。
魔法使いの娘 (5) (WINGS COMICS)魔法使いの娘 (5) (WINGS COMICS)
著者:那州 雪絵
販売元:新書館
(2007-04-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
魔法使いの娘 (7) (WINGS COMICS)魔法使いの娘 (7) (WINGS COMICS)
著者:那州 雪絵
販売元:新書館
(2009-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

川村カオリ『Life』と、鈴木祥子版『Life』収録アルバム。彼女に言われて初めて気づいた、歌詞がちょっと違うんだ。
SYOKO SUZUKI Song Book I 鈴木祥子作品集 Vol.1 (1989-2009)SYOKO SUZUKI Song Book I 鈴木祥子作品集 Vol.1 (1989-2009)
アーティスト:鈴木祥子
販売元:ソニー・ミュージックダイレクト
(2010-07-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Coocoバンド最後の曲は『藍に深し』。わ、これCD化されてないんだ。レア曲。
Cocco「きらきら Live Tour 2007/2008 ~Final at 日本武道館 2Days~」 (完全初回限定盤) [DVD]Cocco「きらきら Live Tour 2007/2008 ~Final at 日本武道館 2Days~」 (完全初回限定盤) [DVD]
出演:Cocco
販売元:Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
(2008-03-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “鈴木祥子にCocco、知人の36歳36曲ライブに行ってきたよ”

  1. きゃあきゃあ!
    書いてくれてありがとう!
    すごく不思議ですごくうれしかったことに、
    私がみんなにありがとうなのに、
    みんなが私にありがとうって言ってくれるの。
    くはー。
    三国一のしあわせものです。
    ちなみに、「藍に深し」は発売されてる音源は確かに↑だけなんですが、
    演奏したのは「Cocco沖縄ゴミゼロ大作戦ワンマンライブスペシャル2006」で演奏されたバージョンです♪
    youtubeのどこかで見られるかも。
    『魔法使いの娘』初期のうちにウイングス買うのやめちゃったからわかんないや…。
    ほめてるって書いてあるから喜んでおこう!わーい!
    また一緒にうたってね♪

  2. きゃあきゃあ!いやあほんと率直な感想を書いたまでです( ・`ω・´)キリッ。改めておつかれさまでした!素晴らしいひとときをありがとう~~。
    藍に深し、沖縄ゴミゼロ運動で歌ったバージョンなのね!あれも気になりつつ未見で。
    『魔法使いの娘』までご存知とは超嬉しい!もともと那州雪絵大好きで、この話は今までの作品の中で一番面白かったよ!
    > また一緒にうたってね♪
    ぜひぜひ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です