鍵をうっかり

自宅マンションのエレベーターの昇降ボタンに、
鍵を差し込もうとしてしまいました。
自動改札通る時に鍵出しちゃうというのは何度かあるのですが(前にどなたかがblogに書いてたことがあって、そんなすっとんきょうなことするの私だけじゃなかったんだ!と大層励まされたものです)、エレベーターのボタンに差そうとしたのは初めてでした。もちろん差すところなんてないのに。どんだけうち入りたいねん。
鍵 (中公文庫 (た30-6))鍵 (中公文庫 (た30-6))
著者:谷崎 潤一郎
中央公論新社(1973-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です