デロンギ全自動エスプレッソマシンについてさらに調べてみた

前回のつづきです。
私の大嫌いなエスプレッソとオットくん

帰宅したオットくんが「この大嫌いはエスプレッソにだけかかるのオットくんにもかかるの(´;ω;`)」と涙目表面張力になってましたがさあそれはどうだろう。

めっちゃようけ種類あるんですねデロンギのエスプレッソマシン。いろいろ調べて大体結論が出たのでメモ。

まず昨日夢中だったのがこれ。

DeLonghi 全自動コーヒーマシン EAM1000BJADeLonghi 全自動コーヒーマシン EAM1000BJA
販売元:DeLonghi (デロンギ)
発売日:2007-07-01
おすすめ度:4.5
(amazon現時点¥ 60,797)

価格コム:EAM1000BJA 現時点最安値46,998(送料無料)

で、これのちょっと上位機種がこちら。


デロンギ 全自動コーヒーマシン ESAM1000SJデロンギ 全自動コーヒーマシン ESAM1000SJ
販売元:DeLonghi (デロンギ)
発売日:2009-04-06
(amazon現時点¥ 61,278 )

 価格コム:ESAM1000SJ
 現時点最安値57,978(送料無料)

違い:
SJのほうが、
・豆挽き音が静か
・消費電力が高い
・立ち上がりが早い 

だそうです。


あとひょっとしたらですが、ボイラーの素材にステンレスが?
でもそれはさらなる上位機種「ESAM1200SJ」のみの話かもしれません。

こちらによると、
デロンギ、全自動コーヒーマシン「MAGNIFICA」に新色シルバーを追加 | 家電 | マイコミジャーナル

今回発表された製品では、グラインダーの駆動方式を従来機(EAM1000BJA)に採用されているギアドライブ方式からベルトドライブ方式に変更することで、豆を挽く音を73dbから66dbへと抑えた。また消費電力が、従来の1,150Wから1,250Wになったため、電源を入れてからの立ち上がり時間が約40秒短縮された。さらに、ボイラーの素材にステンレスを加えることで、耐久性を高めるとともに、ボイラーに石灰が付着しづらくなっている。


ふむふむ。
とりあえず、 EAM1000BJAからESAM1000SJになることによって音が静かで立ち上がりが早くなるのは間違いないようです。
 
ボイラーの素材にステンレスというESAM1200SJは価格コム現時点最安値が¥79,800。4万円台、5万円台ときてけっこう上がりますね。

デロンギ全自動エスプレッソマシンEAM1200SJデロンギ全自動エスプレッソマシンEAM1200SJ
販売元:デロンギ
(amazon現時点¥ 97,500)

あとは、もっとつええやつもいる。ドラゴンボール化現象?

DeLonghi 全自動コーヒーメーカー・ワンタッチカプチーノ EAM1500SDKDeLonghi 全自動コーヒーメーカー・ワンタッチカプチーノ EAM1500SDK
販売元:DeLonghi (デロンギ)
おすすめ度:4.0

(amazon現時点¥99,000)

価格コム:EAM1500SDK 現時点最安値¥88,000

こちらはどう違うかというと、カプチーノとか牛乳も一緒にちゅーっと出してくれる機能、そこが便利になっているんだそうです。

ただ、いいことばかりじゃないらしい。
なんと有り難いことにESAM1000SJEAM1500SDK両方使っているというかたの書き込みが!

価格.com – 『カプチーノ』 デロンギ EAM1500SDK のクチコミ掲示板

そのかたによると、「珈琲がメインであれば断然1000の方が使いやすい」とのこと。ほうほうほうほう。ならうちではやはり1000のほうが向いているようす。

他の違いとしては、これもちょっとはっきりしないんですが、粉の場合には1500のほうが多く入れられるっぽい。

こちらのサイトによると、
激安(デロンギ)全自動・業務用エスプレッソメーカーEAM3100SDJ 

EAM1500SDJ:パウダー使用:可(14gまで)
EAM1100SDJ:コーヒー粉使用 :可(付属の計量スプーン1杯まで) 

 
上で検討してきたESAM1000SJと、ここに書かれているEAM1100SDJとは別機種のようですが、1000SJのほうもスプーン1杯分だと考えていいんじゃないかな。14gというのが大体スプーン2杯分なので、1500SDJだと二倍入れられることになる、のかしら。
でもそのためにお値段もかなり跳ね上がる。
しかもエスプレッソ単体で入れるなら1500よりも1000のほうが向いている、というご意見もある。
 
だったらESAM1000SJかな!現時点約5.8万円。
現時点約4.7万円のEAM1000BJAよりも、
「派手な変更はないが、
堅実なアップデートでよりベターな商品になった感じがする」
ESAM1000SJ のユーザーレビューに書かれていました。

というわけでESAM1000SJとの結論に至った過程を記してみました。ユーザーレビューやクチコミを参考にしまくり、明記されていないところに推理を働かせたりもしまくっているので正確な情報とはいえないのでご注意くださいませ。少しのご参考になればと情報共有。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “デロンギ全自動エスプレッソマシンについてさらに調べてみた”

  1. ご参考になると嬉しいのですが、海外からエスプレッソマシーンを取り寄せた方がかなり割安で手に入りますね。ショップUSAというお店から個人輸入してみましたが商品額の10%の代行料で輸入してくれます。親身になって欲しいものを探してくれたので安心してお願いできました。見積もりは無料なので聞いてみると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です