白いチョココ

年越しおやつに買ったもの。
ホワイトチョココ。
R0018049

チョココが白い!


チョココを食べ始めて早25年というチョココ・エバンジェリスト(すいません一度言ってみたかったんです)であるわたくしに言わせれば、チョココはホワイトチョコとは合わないよ、あのランクドシャーのはんなりした歯触りの薄いクッキーにしっかりした味のミルクチョコが絡まっているからこそのチョココだよホワイトじゃ間が抜けた感じになるよとくだくだ文句言いつつ食べたら超うまくてびっくりです。
ホワイトチョコになって初めて気づく、チョココの白い恋人的な雰囲気!
超美味いです。
でも買った箱がけっこうバキバキで、撮影のために開けてはあっ割れてるもしもし(食べている音)、パリパリあっ割れてるもしもし(開けて食べている音)というのを4枚分くらいやってからはたと開ける前に個包装の上からさわさわして割れてないやつを確認すればいんじゃね?と我に返ったりなどしてしまいました。
チョココの罠にはまっています。超美味いです。
チョココね、小学生の頃、日曜日だけ早起きして家族がまだ寝ている居間でチョココ食べながらメイプルタウン物語とかOh!ファミリーとか見るのが至福の楽しみでした。
あの頃はまだ個包装じゃなかったし、ひとつひとつの大きさも大きかった気がするんだよね。自分が育ったのかな?あと今のようにまん丸じゃなくてもう少し楕円だった。
個包装じゃなくて、細長い箱に一列にむきみで入ってたの。輸入物のクッキーみたいに。グリコ森永事件以来ですよねえ、お菓子がこんなにも個包装になったのって。
そんなチョココと私。

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です