西原理恵子の食育の話、のつづきのようなもの

今年9月に書いた、『西原理恵子の「食育なんて無視しましょうよ」 』という記事に、今頃になってちょこっと追記をしておきました。

4620770582 毎日かあさん 5 黒潮家族編
西原 理恵子
毎日新聞社 2008-12-13

by G-Tools

小鳥ピヨピヨで紹介してもらったのがきっかけです。
今年のベスト20(+2chまとめ系ベスト5)のブログ記事:小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird)
超びっくりした。ありがとうございます。
いつも小ネタばかり書いてきたこのblogで、こんな問題提起的かつ個人的なことを書いて公表するのにはとても勇気が要ったのですが、結果的に自分至上未曾有のはてブ数がついて、書きたかったことも受け取ってもらえたようで、とてもほっとしました。
という自分にとってもかなり印象深いエントリですし、さらに今年の3大エントリに選んでくださる人がいるなんて、書いてよかったです。


追記した部分は、以下についてです。
「私が当時ほしかったものは、手作りのおやつとかお夕飯じゃなかったのに。」っていうのは別に、「お母さんに仕事しないで家にいてほしい」っていう意味じゃないですよ、というとこです。
や、はてブに寄せられたコメントを読む限りでは「子供のためにはやっぱり専業主婦」とかいうあさってな方に受け取られたりなんてしていなかったのですが、本当はもっと前に書き足しておこうかなあ、大丈夫かなあとずっと気になっていたのでした。
でも今小鳥ピヨピヨがリンク貼ってくださって、またアクセス数が増えているので、たくさんの人に読んでもらえるということは、ひょっとしたらやっぱり心配したような意味に取っちゃう人がいるかもしれない。
働きながら「子供に申し訳ない、子供がかわいそう」と思ってしまっている女性って、どうも本当に多いみたいなんです。自分がやりたいことをやることに対して、なぜこうも罪悪感を伴わせがちなんでしょう女って。(以前書いたそういう話:BLとフェミニズム, 布ナプキンと生理の話, ピンクがキライだった話
そんなことないよ、仕事したいなら(もしくはする必要があるなら)していいに決まってるじゃない、仕事で家にいないとかいるとかじゃなくて、とにかくお母さんがニコニコしていてくれたら子供は安心するんだよ、ガマンしながらイライラカリカリしていることが子供にとってしんどいんだよ、少なくとも私はそうだったよ。
って言いたくて書いたエントリなのに、「やっぱり母親が家にいてあげないとかわいそうなんだ」なんて落ち込ませてしまったらまったく本末転倒なのです。
だけど何だか、こういうことを率直に書くことに照れというか気後れがあって、あといい加減記事長すぎだし(その割にま○こで縫い物とかいう無駄は死守)、それであんなふうに逆に投げっぱなしな、どっちとも取れるような書き方のまま放置してしまっていたのでした。
でも自分の中に「こう取られたらいやだ」という確固たる思いがあるのなら、やっぱりはっきり書いておかないと。
と、今さらながら思ったので、追記させていただくことにしました。
特にこれから年末年始でね、ご家族・ご親戚イベントの多い時期ですから。いろいろある人はあるんじゃないかと。少しでも励みになればなあと思います。
→元エントリ:『西原理恵子の「食育なんて無視しましょうよ」 』
→関連エントリ:働くお母さんを応援・・・?
→関連その2:コメント欄を承認制にしました
小鳥ピヨピヨでもベスト20に取り上げられていた極東ブログの記事『もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。』、私も読んでました。今年はいろいろあったな。。
なので今年の最後に、自分が書きたかったことをわりとストレートに受け取ってもらえたんだなあと思える出来事があって、とても嬉しいです。冒頭の繰り返しになりますが。
**アルファブロガーアワード2008関連エントリ**
2008年で印象に残ったブログ記事(次の記事)
2008年で印象に残ったブログ記事の写真 (次の次の記事)
[2009/3/17/21:39追記]ええっと、その後も関連エントリをあれこれ見かけるので、元エントリに追記したりしていたのですが、とりあえずこちらの追記エントリに書き足していくことにします。ややこしくてすいません。。ほとんど自分メモ。
[2009/3/16/13:38追記]
元エントリの冒頭、「子供に何を食べさせても親の自由と言っている、というふうに勘違いされて批判とかされている」のソース的エントリを発見したので追記しておきます。
こすいのほとり : 西原理恵子氏の「食育なんて女をばかにしてる言葉」発言について思う。(ネタ元:SW’s memo
【私が思うに、西原氏も、食事に手をかけることが意味が無いとか、無駄だとか、そんな風には思ってない。ただ、もっと大事なことがある、と。 (彼女が何が最も大事だと思っているか、は、彼女の漫画を読めば自ずと感じられると思いますが。)】
【「大事なことだから、しなければならない」「するべきことだから、しなければならない」なんてことは、誰でも言えるわけです。ハッキリ言って、ひとつも頭を働かせなくても言えることで、もっとハッキリ言えば、何も言っていないに等しい。】
【で、そういう気楽な言葉を真に受けて、たくさんの「大事なこと」に追い詰められていく弱い立場の人間がどれだけ多いか。
思い当たることはありませんか、みなさん?】

そう、私もサイバラはまさしくその弱い立場の人たちへ向けて励ましを送ったんだと思いました。あれかな、これを肌で感じ取るかどうかはサイバラ作品を読んでいるかどうかの差なのかな。それとも何かもっと別の、思い当たることのない強くて正しい人たち。[追記以上]

[2009/3/17/21:39追記]
反対意見。
ごはんがおいしいと子どもが嬉しいじゃだめなのか。 – きょうの団地妻(ネタ元:小鳥メモメモ
【毎日かあさんとか読んでて、その愛情深さにハッとさせられる事もあるけれども、
 基本的に彼女は周りの人間とは違う自分に基準を置いてそれを子どもにも求めたり、
 それを基準に大きな声でほかの人を揶揄したり平気でする。
 でもそれっていじめっ子だよね。フラットに考えて。
 声が大きくて行動力もあって公の場で誰かを揶揄出来て、それに人がついてくるって知ってる。】
【サイバラがそういう事を言うと、さらに救われない気持ちになる人がいっぱいいるんだよー】

さらに救われない気持ちになる人がいる、というのは、確かにそうかもしれないですね。がんばってる人にがんばらなくていいんだよって言っても、余計ストレスになってしまうのかも。
他の部分はちょっといろいろ一般化しすぎに思えるけれど、私の文章もあんまり人のこといえないし、誰だって自分の経験から世界に触っていくしかないので、しょうがないのかも。
ちょっとずれるかもしれないけど、「サイバラとか新井英樹みたいなアクの強い、好き嫌いが激しく分かれるキャラのことを声高に好きだと豪語してるあひるさんが人から攻撃されてもある意味しょうがないと思う」みたいなことを言われたな、知人から。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “西原理恵子の食育の話、のつづきのようなもの”

  1. 福井裕佳梨さんとお会いしたよ!! アルファブロガーアワード2008

    先日2/20(金)の、アルファブロガーアワード結果発表イベントに行ってきました。
    「声優さんによるブログ記事の読み上げ」が行われるとのことだったのですが、
    まさか!!
    福井裕佳梨たんがくるとわ!!!
    大興奮でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です