日比谷Bar THE GRAND BAR が閉店

bg_last1銀座にある、なんともレトロで趣のあるお店、日比谷Bar系列 THE GRAND BAR
なんと残念なことでしょう、建物老朽化のため、2009年1月20日で閉店してしまうのだそうです。
THE GRAND BAR
お店のサイトから、ファイナルフェアに関するpdfが見れます。


2008年5月の第一回ハイボールナイトで初めて訪れたので、まだ知って日が浅いのですがとても残念です。
閉店の話にびっくりして、先日訪れてみました。
レトロっていうか本当に古いから老朽化のため建物自体が改装になってしまうのだそうで、それは仕方がないのですが、バーテンダーさんに伺ったところ、改装後もお店を続けられるかどうか、とか、別の場所でGRANDBARとして営業するかどうかなど、まだ決まっていないのだそうです。
私が行った10/31にはまだいつまで営業するかも決まっていない状態だったようなので、2009年1月20日で閉店というのもごく最近決定したのでしょうね。
ぜひ別の場所でも同じこの場所でも営業を再開してほしいし、その時にはこの昭和というより明治なくらいのレトロさと落ち着いた雰囲気を再現してほしいですね。
ざわざわと笑いさざめく人々が、ここにいると皆紳士淑女に見えるのです。そんな絵のような世界の中に自分もこっそり紛れ込んでいるような、何とも不思議な心地よさのあるお店です。銀座、という感じがする。
お酒ももちろん美味しい。
この日は贅沢にもWHISKY-Sとはしごして、GRANDBARではギムレットとダイキリを飲んだよ。ダイキリの甘さにはじめびっくりしたのだけど、特に甘みのある特殊なラムを使っているのだそう。なるほどシロップのキンとくる甘さではなく、味わい深い柔らかな甘さでした。GRANDBARのダイキリ。
機会を見つけて、もう何度か通いたいものです。
→と思った矢先に、今月末のWHISKY-S主催のセミナー、会場がGRAND BARだそうです!
R0016710

R0016711R0013504

R0013514

R0016712R0016714

R0016715

R0016716

R0013503

**あひるとお酒カテゴリへ**

4163166300 レキシントンの幽霊
村上 春樹
文藝春秋 1996-11

by G-Tools

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です