MGS4じじスネ日記、悲しいけどこれ、戦争なのよね

いやーもうまさしく思わずガンオタゼリフをつぶやいてしまうほど。
先日「麻酔銃いみねーなー」と書きましたが。麻酔銃で眠らせた敵さんが流れ弾に当たってしんでしまったりするのを見て。これ一章の話な。
流れ弾どころではありませんでした。二章では。


二章ではMGS3の時のようなアンブッシュ再び(なんか妙にミリタリー用語を使うようになってしまってあひるちゃんますます君もオタクかい?状態だみゃあ)。
fdabb701.gifMGSTシャツ&扇子セット、「君もオタクかい?」バージョン。

うねうねとした山道を、茂みに隠れたりしつつ敵の構える敷地まで進んでいくので、その途中にいる巡回兵さんたちを一人一人片づけていくわけですが。いつものメソっぽい雰囲気。
片づけると言ってもネ、うちのMGSルールはノーキル、無血進行なのでネ、麻酔銃しか使わないんですヨ?
いつものメソなら、そうやってちょっとずつ寝かしてはじりじり進んでいけばいいんだけど、そしていつもなら武器はすべて現地調達の単独潜入、味方は一人もいないスニーキングミッションなんですが。
今回は一応、自分と目的を同じくする民兵部隊さんたち、というのがいてですね。PMC(傭兵派遣企業のようなもの、そこから派遣されてる兵士さん。ほんとーに実在するんですね…)と敵対してるわけです。民兵さんたちも同じように、PMCを片づけて山道を進んでいきたいわけです。
で、ぼくスネークがPMCのひとたちを眠らせて、そおっと進んでいこうとするとですね、後ろから追いついた民兵さんたちが、頭からZzzz…の文字をぴよぴよ出しながら眠ってるPMCさんのとこで立ち止まって覗き込んでるので、大丈夫、寝かしといたよ♪(´▽`)b とか思ってたら、
おもむろに地面で寝ているPMC兵に向かってダダダダッと銃弾を撃ち込むじゃないの!?
ガニイーーーーー!?Σ(@Д@||;)
ちょ、YOU何してんのYO!?
眠っている兵士にまでとどめを刺す!!!
もんのすごいショックでした。思わずコントローラーを握っているオットと顔を見合わせてしまった(実際プレイしているのはオットで、私は横でROMっっています)。
ショックで呆然としている間にも民兵らはザッザッザッと先へ歩いていって、視界から消えた向こうでまたダダダダッと引き金を引く音が聞こえてくるのだった。
この後味の悪さよ。
これが今回、小島監督が我々に伝えたいことなのだろうか。
そうなんだろうなきっと。
ほんと冗談抜きで、悲しいけどこれ戦争なのよねなんでしょうね。
もうほんと民兵のことも後ろから麻酔銃で眠らしたろか思いましたよ。ちょ、こいつらもう撃っちゃいなYO!
そうやって民兵に留め刺されたPMCというのは自分の成績(プレイヤーキル数)には数えられないのでゲーム進行上特に問題はないのですが、心情的に誰もころされるところを見たくないのならそうやって味方も一緒に寝かせるか、寝かせた敵兵を民兵に見つからないようなところへ運んで隠すか。そういうプレイもできるのかもしれません。
ただちょっとやってみた感じでは、敵兵を寝かすとすぐに民兵がきちゃうので(おまいら人に頼りおって。だったらオレの意志を尊重しろ。空気嫁)どかすのは難しいかも。そしたら民兵のことも寝かすしかないのですが、うーんゲームとしての難易度は上がるでしょうね。民兵たちまでスネークを敵と認識するようになっちゃうと思うので。
まあ、無血進行のために両陣営を敵にまわして孤独に戦う、というのもとてもクールでスネークらしくはありますが。
でもそこまでしても結局中ボスとかには無惨にころされる人たちをムービー内で見ないといけないし(けっこう苦痛です)、今ひとつモチベーションが上がらないのも事実。
こうやって命を諦め軽んじるようになっていくのかしら。
恐いな。
この後味の悪さというのは、今までのMGSシリーズには感じなかったものなので、今作を進めていくに当たってじわじわと不安を覚えます。最初の中ボスとも戦闘しましたが、かなり後味悪かったです。中ボスキャラのバックグラウンドストーリーとかが。
これどうなるのかな。。この苦くいやな味、最後までこのままかな。ストーリーで解決・フォローできる類のものではないので、このままこれが積み重なっていくのではないだろうか。そう思うと気が重いのです。兵士の断末魔の叫びや女性の悲鳴。きついです。
そして積み重なったこの疑似戦争体験、疑似をつけてもまだ戦争体験と呼ぶには甘すぎるものだというのは解っているつもりですが、意図的にそれを我々プレイヤーの中に植え付けているのだとしたら、小島監督はそれをどう芽吹かせたいのだろう。
そんなことを考えながらMGS4を進めています。
 *  *  *  *  *  *
さて。
ついまたこれ系の視点でしゃべってしまいましたが、それだけがMGSシリーズの魅力ではないですよ、もっと多角的な楽しみ方がたくさん用意されています、という話をまた別に書こうかと。
**MGS3の時に書いた、メタルギアシリーズのコンセプトが反戦、という話
**MGS,スネーク,アキオ(大塚明夫)カテゴリ
メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)
メタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Best

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “MGS4じじスネ日記、悲しいけどこれ、戦争なのよね”

  1. MGS4、ようやっとクリア [ネタバレ注意]

    メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)
    やっとこさ、やっとこさクリアしました。
    オット多忙により、6月から丸々2ヶ月ぱったりとプレイできずにいたMGS4。
    以下、完全ネタバレでプレイ後感想を書きます。未プレイ・未クリアのかたはプレイ感を乱してしまう恐れがありますのでご注意くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です