狼と香辛料がDSゲームに

狼と香辛料 ボクとホロの一年
(初回限定版:「ホロのわっちボイス入り巾着」&「ホロが歌うキャラソンCD」同梱) 特典 文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」付き


つい『狼と香辛料』のラジオ聴いてて知りました。


通常版にも特典ポスターは付くみたいですね。
狼と香辛料 ボクとホロの一年(通常版) 特典 文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」付き

公式サイトのゲーム案内ページ。
DSゲーム情報【コミック/ゲーム】 | 狼と香辛料 Official web site
【ゲームの舞台は、もう一つの『狼と香辛料』の世界。若い行商人である主人公(=プレイヤー)は、ある日立ち寄った村で美しい少女の姿をした賢狼・ホロと出会う。馬車を格安でゆずってもらう代わりに、ホロの故郷を探すことを約束した主人公。期限は一年。行商に、恋愛に、故郷探しに大忙しの二人旅が始まる。
 立ち寄った町々で、商品の売買や情報収集をして、ホロの故郷を探しあてよう!一年後に君を待つのは、ホロとの別れ? 大商人としての未来? それとも……。】

そしてジャンルは【恋愛&行商シミュレーション】。
恋愛て。おいおい。まあいいけど。そこも醍醐味かもしらんけど。しかしこれは・・・・ゲームとして出来が良ければもんのすごく面白そう&楽しそうなんですけど!!
プレイヤーは物語の主人公ロレンスのように、中世ヨーロッパ風の世界の中を行商人として生活する、のだろうか。どこまでリアルかつゲームとして面白く生活感が出るんだろうか。
そしてそこで出会った狼耳&しっぽつき少女、ホロ(りんごとお酒が大好き)と一緒に旅をするわけでしょ。まんま『狼と香辛料』の世界の住人になれるというわけですね、ロレンスの代わりに。。
そう、このゲームにロレンス出てこないそうです。存在が消滅してるロレンスちょーかわいそす。一応主役なはずなのに。
しかしそのおかげでロレンスじゃなく自分に懐くホロ!
うっわー面白かったら欲しいなあ。どうだろう。
そしてラジオはくっだらなくてゆるぅいかんじで、静かな夜中に一人で黙々と作業しながら聴いてたらめちゃめちゃ笑えました。主演の二人の妙なノリがなんとも。静かで知的な作品のキャライメージはぶち壊しですがすごい面白かったです。
あれにちょっと似てる、しょこたんの溜池NOW。女の子が天然的にボケて男性がツッコミ役という。
アニメイトTV WEB -『狼と香辛料』 Web Radio「小清水亜美・福山潤のオオカミックラジオ」-
狼と香辛料

関連リンク:アキバBlogさんでは同人誌(18禁)もちらっと読めるよ☆(貼るな?)

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です