秒速5センチメートルの空

秒速5センチメートルの空見てきました。
ちょうど夕方の時刻、秒速5センチメートルで暮れてゆく空。


はじめのうちは、正直「んー劇場でなくてもよかったかな」と思いながら見ていましたが、オムニバスの第三話の最後で主題歌の『One more time, One more chance』が流れ出した瞬間から、やはり劇場で正解だったと思いました。いや素晴らしかった。この歌絶対ハマるとわかってはいたが、期待通り、期待以上でした。
相変わらず背景がどえらいこと美しかったです。しかも桜。
『時をかける少女』の背景も綺麗でしたが、あれはやはりあくまで背景であってストーリーや人物たちが主体。一方今回のこの映画ははっきりと、もう背景の美しさが主体だと言ってしまっていいのではないでしょうか。
新海監督ってどの作品もわりとそういうところありますが、今回は特にそれが顕著かと。
ていうかむしろ背景の絵が美しく精緻でありすぎて、新海監督の例のデッサンが微妙な、味と薄っぺらさのはざまで揺れ動くような、ギリギリのタッチで描かれた人物がちょっと浮いてやしないかと。思っちゃいました。
まあ今回はみたいもんご紹介のインサイターさんも「ストーリーは後半、タカキの青臭いナルシズムが鼻につく部分もあるけれど」と書いておられるような主人公(ほんとその通りですね)なので、内面と描写が不安定なかんじで見事に合致しているともいえますが。
アニメ絵でなら、今のところはなんとも微妙な気持ちにさせられる新海人物が一番合うのかもしれませんけれど。リアルに描けばいいってものでもなさそうだし、個性が強すぎるとますます浮くだろうし。
なのでいっそのこと実写で観たいと思いました。
新海監督が撮る実写ならさぞ美しかろう。
ちょっとくらいいじってくれて構わない。この人が切り取る風景を見てみたいな。
こんなかな。
あとはレビューをちら見するに、ストーリーに期待しすぎて肩すかしという人もいるみたいだけれど、この監督の映画はそういうことにはあまり神経を割かずとにかく映像の美しさを吸い尽くすくらいの集中力で観ていればよいのではないかと。
私としては山崎まさよしのあの歌を新海誠監督のこの映像に乗せて、劇場の大音響で聴くことができただけでも、料金の元は十分すぎるほど取れたと思いましたよ。
DVDじゃなくてもっと高解像度のメディアで出してほしい(やはりブルーレイディスクか)。そしたら歌のとこだけ何度でも観たい。
秒速5センチメートル 公式サイト
渋谷シネマライズ
秒速5センチメートル、ポスターだめだよ人とか思い出とかいうものはちゃんと汚してから捨てないと。

ハートをつけてあげて ハート 0

6 Replies to “秒速5センチメートルの空”

  1. まいどです^^。TB&コメント感謝です。
    第3話、歌と映像のリンクが最高でしたね。
    >映像の美しさを吸い尽くすくらいの集中力
    なんとなくこの点、宮崎駿というより押井守かも(笑)。
    男性ってやっぱ思い出を引きずる生き物だなって思いました。
    彼女のほうは既に新しい人生を歩いてるのに。

  2. >shamonさん
    こちらこそTBコメントありがとうございました。
    >なんとなくこの点、宮崎駿というより押井守かも(笑)。
    ああ、確かに。どちらかといえばそうですね。
    (しかしもうそろそろハヤオと比べるのって褒めてることにならなそうな気もしたり..)
    >男性ってやっぱ思い出を引きずる生き物だなって思いました。
    >彼女のほうは既に新しい人生を歩いてるのに。
    そうそうそう。そうでしたよね~~。
    ネタバレになりそうなので本文では触れませんでしたが、そこがきちんと描写されてたところが、単なる男性本位のナルシスファンタジーと一線を画してたなあと思いました。
    あれがあったので、監督と主人公を同一視せずに見ていられたというか。

  3. ぐっどもーにんぐです^^。
    >どちらかといえばそうですね。
    押井好きの私、新海監督のこの点が気に入ったのかもしれない^^;。
    >ハヤオと比べるのって褒めてることにならなそうな
    どこか懐かしい雰囲気、はハヤオ的だと思います。映像で語るのは新海さんが絵本サークル出身だから、かも。
    ハヤオは・・・ル=グウィンへの姿勢にしても、新作「ボニョ」にしてもいろいろある
    (ボニョについては
    http://blog.goo.ne.jp/ynakura/e/1339b0a30c69840f490368e2674555bd
    をご覧ください)
    ので^^;、個人的には???の連続です。
    ボニョについてはまだ判断保留ですが。
    >男性本位のナルシスファンタジーと一線を画してたなあと
    そうそう、ぎりぎりセーフ、ってとこです。
    二人の現実を描くことで終った恋物語を成立させてる。
    さて次回作はどうなるでしょう?
    楽しみです^^。

  4. >shamonさん
    ぐっどもにんぐですー^^
    おお、なるほど押井好き。
    >映像で語るのは新海さんが絵本サークル出身だから、かも。
    そうなのですねー!それでモノローグかあ(?)
    >そうそう、ぎりぎりセーフ、ってとこです。
    ギリギリセーフ!私も思った思いました!w
    >ハヤオは・・・
    >個人的には???の連続です。
    うんうん、ポニョの話見ました見ました。
    盗作疑惑以前に、「吾郎のような子をこれ以上出さないために」というコンセプト自体が正直言ってもうかなり気持ち悪いので、興味が持てないです…。
    ジブリ作品大好きだっただけに、残念でなりません(でもよく考えたら好きなのって最初の数作だけだなあ)。

  5. アニメ映画『君の名は』が素晴らしく面白かった!新海誠監督らしさが何もかも良い方向に結実していた![ネタバレ無し]

    新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド [単行本]
    素晴らしく!面白かったです!
    観終わってから、1時間46分という上映時間の短さにびっくり。2時間半以上ありそうな体感時 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です