カラオケ曲のマイナーチェンジ

鈴木祥子のカラオケネタをひっぱってしまいます。鈴木祥子に関わらず、他のアーティストにも関係あるかも。
friends,lovers,my journey home-鈴木祥子ベスト-
カラオケUGAにはなんと!このアルバムのほぼ全曲が入っているのです!!
その大変に素晴らしい功績を称えて友人とカラオケ行く時は必ずUGAを探します。なければジョイ(中島サマが全曲入っているから)。
さて先日も鈴木祥子好き友人と二人でUGAに行ったら、なんとびっくり。


曲のバージョンが変わっていた。
あの、「バラードバージョン」とか「ライブバージョン」とかが増えていることはありますよね?よく。
そうじゃなくて、以前は確かに普通にいろんな楽器の混じったアルバムバージョンだったはずの曲が、ピアノ一本弾き語りのライブバージョンに変わっているんですよ!!
ちなみに曲名は『帰郷 – fisherman’s wife』です。ファンには曲名だけで涙腺がゆるむところですがこれがあのライブ盤だとなってはもう涙腺決壊ですよ!
機種もマイクもスピーカーも新しくて良いものだったので細かいブレスなどの抑揚もよく拾ってくれて(マイク等の状態の善し悪しで選曲変えたりしませんか?)、すっごい嬉しかったあ歌えて。
ライブバージョンはこちらのアルバムに収録。
I was there,I’m here

これがねえ~….発売直後に新譜で予約して買ったのに、なんと限定紙箱盤があったんだそうで!しらなかったよ!ていうか発売直後に新譜で予約して買ったのに!(二度目)なんで初回限定版じゃないんだよう~~。(思いあまってレコード会社にメール出してみたけど返事なかった;_;)
まあそれはそれとして。
カラオケの曲ってそんなマイナーチェンジをするものなんですね。かなりびっくりしました。じゃあB’z『DEEP KISS』の前奏でめっちゃ音ずれてたのも直ってるのかな。もう10年歌ってないけど。B’zといえばさらに余談ですがリクエストされて『F・E・A・R』を歌ったら、あの高音早口がなりっぱなしのマシンガンソングを聴くのも歌うのも約5年振りとかの勢いなのにけっこうちゃんとやれたことに自分でびっくり、俺もまだまだ現役でいけるじゃねえか!と年老いたロック歌手の気持ちになれました。
いや~UGAかJOYが鈴木祥子全曲入れてくれたらなあ。僕はもう通い詰めますよ一人でも。

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です