荒川選手、金メダル!

ショートプログラムにひき続き、こちらも生で観ましたがよかったですねえ荒川静香選手!ほんとに、観ていて納得の金でした。


他の選手が、気の毒なことにどうも失敗続きだったんですよね。オリンピックってこうでしたっけ…..。転びそうになったり完全に転倒してしまったり、そういう目に見える失敗がまったくない選手はほとんどいませんでした。
そこへもってきて荒川選手、のびのびと完璧な演技だったので(ジャンプの回転数が予定と違っていたりはあったらしいですが)本当に目立ちました。観客もスタンディングオベーション(トリノ女子フィギュアで初めてだったそうです)で文句なしの大喝采。
次の滑走が村主章枝選手だったのですが、彼女もミスらしいミスはなく完璧に思える演技で、これまた観客スタンディングオベーションで観ていてとても素敵でした~◎ ですが高得点に繋がる技がなかったり抜けてしまったりで、点数が伸びなかったんだそうです。これは残念だった…(;_;)。
メダルは取れなかったけれど、あの場にいたお客さんたちの心にはかなり強く残る演技だったと思います。
メダル争いの最終グループに、日本人が連続で登場、連続で大好評だったので、観ていて嬉しかったですね。
安藤美姫選手も、悲願の4回転ジャンプに挑戦。惜しい感じ(素人目だけど;)で転んでしまいましたが、そのことよりも審査員にそれを「4回転の失敗」ではなく「3回転の失敗」として点数をつけられてしまったことのほうが残念でした~。
その後も何度も転んでしまいながらも最後まで滑りきって、最後には客席から応援の拍手がわき起こっていました。
この経験を活かして、今後もがんばっていってほしいです。マスコミに無駄に騒がれたりで本当につらい思いをしただろうし、彼女が自分で納得できる道に進めるといいなあ。
どの国の選手も失敗が多かっただけに、それでも演技を続けて笑顔で最後まで滑りきる姿が本当にかっこよかったです(当たり前のことかもしれないのだけど…)。皆さんお疲れさまでした。それぞれの次の舞台まで、しばしの休息を。

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です