うちの子のお誕生日用の数字ろうそくとオットくん


先日うちの子タロー4歳がですね、私が家事をしている横で台所の棚をごしょごしょとあさっているなーと思っていたら、こんなものを出してきまして。
お誕生日ケーキに使った数字ろうそくですね。

TR「もう1歳も4歳も終わったのに、なんでとってあるの?」

んん?それはねえ、14歳のお誕生日にも使えるでしょ?(わりと本気)
タローは14歳になっても父ちゃん母ちゃんと一緒にお祝いしてくれる?

TR「うんいいよ」

マジだな。言質とったで。

TR「父ちゃんも母ちゃんも、ぼくが14歳になってもお祝いしてくれる?」

いいともさー。最近流行りの、こちらの質問を繰り返して聞いてくるタローさんに対しガチで返事する私。絶対だぞ?そんな思春期真っ只中に親とお誕生日パーリィとかほんとにやってくれるんだな?

とかいう会話をしていましたら。
そこへ父ちゃんが通りかかりまして。

さっそく数字ろうそくを見せながら、「これ、14歳のお誕生日にも使えるようにとってあるんだよ!」と説明するタローに対し父ちゃん、

OT「41歳でも使えるだろ(即答)」

41歳!!!
そそんな歳まで!!??
壮年期真っ只中!!
親とお誕生日パーリィしてる場合か!?
私たちほぼほぼ80よ!?アラエイよ!?

相変わらずのオットくんの発想の突飛さと瞬発力に驚かされた出来事でした。即答でしたので。すごいなほんと。私がうけまくってたらタロさんも一緒になってケタケタ笑ってくれました。明るい家庭。

やるか、41歳の息子とお誕生日会。まもなく80歳、ほぼほぼ傘寿の私たちで。
それなら今後の数字ろうそくは溶けちゃわないように慌てて吹き消させないといけないじゃないか。全部写真撮っといてつなげてムービーにしたら感動的だろうな。どんどん溶けていく10年もののろうそくたち。見たくなってきた。遠大な計画になってきた。






ハートをつける ハート 30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です