クレしん映画・オトナ帝国の逆襲


映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
噂に違わず泣かされました。うん、良い映画だと思います。
(ネタバレなし)


***Thanks ◎ (^▽^) ◎ Reading***
最近ではBSアニメ夜話でも取り上げられたり、あちこちで「子供向けだ/クレヨンしんちゃんだとナメないで」と高い評価を受けていますね。
前々から気になっていたので、観ました。
いや、ほんとに面白かったです。
ジャケ裏でしんちゃんに「オトナの人はハンカチを用意した方がいいゾ」と言われてますが、必要ですね、ハンケチ。今なら鼻セレブ。
しんちゃんのあのしゃべり…(- -;)あれが可愛く、さらにはかっこよく思えてきたり。
内容についての解説や褒め言葉は、amazonのレビューにも書かれているし、ちょっと検索すればかなり出てきます。こちら買っとけ!DVDにも詳しいです。
だので(?)、ここでは私の心を捉えて離さなかったキャラに絞ってご説明致したい!
それはオトナ帝国総統、ケンちゃん。(ちなみに恋人はチャコちゃん)
ケンちゃん。恋人はチャコちゃん。
細くて黒くて最高です!
ビバ☆黒!アーンド細!(>▽<)

メガネでクールで淡々と紳士。
うろたえないムスカみたいなものかしら?位置付け的には。(どこだよ)
画像のこの構図もかっこよすぎです。
髪型がちょっとアレだけどそれはまあ、昭和40年代ノスタルジイ具現キャラだから仕方ない。テクノカットでも。下まつげ書かれすぎでも(画像クリック拡大)。
そのハンデを補って余りある声とセリフの渋さ!
しんちゃんに壊された愛車を見つめ、
「奴は俺の魂に傷をつけた……」
昭和の香り溢れる木造アパートの窓辺、暮れなずむ町を眺めて
「……最近走ってないな」
渋すぎですて(ー▽ー;)。
しかも唐突すぎます。でもズデギ。もう夢中。
でもこうして萌え(…)てるの、たぶん私だけじゃありません。
スタッフの方々もケンちゃん大好きです。絶対。
その証拠にDVDの人物・設定資料集、ケンちゃんだけ比重濃すぎですもん。
のっけからケンちゃん、さまざまな表情のケンちゃん、それぞれのポーズのケンちゃん、トレンチコートのケンちゃん、黒いタートルネックのケンちゃん……ケンちゃんケンちゃんケンちゃんだらけですもん。
次のページに送っても送ってもケンちゃん。
下まつげがちな瞳のオンパレードに大爆笑でした。
当然観終わってさっそく声優サーチです☆=(>_^)バチーン
ケンちゃん役=津嘉山正種(つかやままさね)さん。
アニメというより洋画吹替が主なようですね。ケヴィン・コスナーやらデ・ニーロやら、やはり渋い役柄・渋い声が多い。
おお、『沈黙の艦隊』海江田!聴いてみたい。
うを!?マスク・オブ・ゾロのアンソニーホプキンス役!?
って…バンデラスの方は明夫ではありませんかΣ(o口o;)
買うか?買っとく?DVD。
ふう…
えーっと、あれ?何の話だったか…
あ、そうそうケンちゃんの話です。
いや違います、クレヨンしんちゃんの映画の話ですて。一応。
うん、オススメですよ『オトナ帝国の逆襲』
 …私…レビューに向いてない?

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “クレしん映画・オトナ帝国の逆襲”

  1. ああっ女神さまっ

    高校の後輩の男の子が上京してきたので久しぶりにご飯食べに行ったのですが。
    彼には憧れの女性がいましてね?
    まあ仮に女神さまとしましょうか。
    その女神さまと私が、
    「一緒にお風呂入ったことあるもんねー(*゚Д゚*)」って言ったら、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です