メイクのビフォーアフター、伝説殿堂入り動画

オットくんが見たことないというので載せておきましょう。私もたまに見たくなって検索してるし。
1~2年くらい前に話題になっていた、お化粧で変身動画です。その後も他のいろんなの見ましたが、この人アキラさん、キラーさん?のはほんとすごい。いつ見ても賞賛の笑顔が沸き上がってしまいます。
女子には夢と希望を与え、男子からは奪うこの技術力、たゆまぬ努力の結晶であるはずのメイクテクニックを惜しみなく動画配信してくれる男前っぷりも素敵です。
ニコニコ生放送でリアルタイムに化粧! ビフォーアフターの差が凄いと話題に – ガジェット通信
ニコ生で化粧放送してる人の化粧前後が違いすぎて話題に(画像・動画あり) | ニュース2ちゃんねる
1278861213

以下、動画。


YouTubeのほうが画質が良かったのでこちらを。
ニコ生伝説の化粧配信01.mpg – YouTube








そんな!声まで変わるなんて!と言わざるを得ない。
いや素晴らしい。そもそもお化粧前から素肌が綺麗だし、パーツのバランスが整ってるからなおさら化粧映えするんだろうな。おそらく何よりのポイントは、メイクの仕上げ方を、男性から見てカワイイという方向にきっちり落とし込んでいるとこ、ですよねきっと。他のこの手のは色々盛りすぎてるかんじで、結局男性から見て「ケバイ」「化粧濃い」になっちゃってるものが多い気がする。
目的と手段が真っ直線に同じ方向を向いている清々しさと、さらに見事な結果を出せている、なんかこう部活ものマンガみたいな爽快さがあるから、たまにこの動画見たくなるのかもしれません。感服せざるを得ない。
やっぱ男ウケ大事よね、4周くらいまわってそう思うようになりました。昔はケッとかぺッとか思ってたけど。今でも思っちゃうけどね、無邪気に喜んでる男性に対しては。でも好きなあの人に喜ばれたい、期待に応えたいと思ってメイクや服装を工夫する女の子の気持ちはかわいらしいものだなと。それでほんとにキレイになれちゃったりするから男も女もハッピー。良いことばっかりじゃないですか。
美人画報ワンダー (講談社文庫)美人画報ワンダー (講談社文庫)
著者:安野 モヨコ
販売元:講談社
(2006-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
美人画報ハイパー (講談社文庫)美人画報ハイパー (講談社文庫)
著者:安野 モヨコ
販売元:講談社
(2006-01-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
中野明海 大人の赤ちゃん肌メイク中野明海 大人の赤ちゃん肌メイク
著者:中野 明海
販売元:扶桑社
(2008-02-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ハートをつけてあげて ハート 0

“メイクのビフォーアフター、伝説殿堂入り動画” への3件の返信

  1. メイク初心者当時、『悲しいかなメイク美人』スレッドを見て、勉強して、がんばったことを思い出しました。

  2. もうホントにスゲーですよね、この方。
    メイク後に「うふ~あは~」って言ったあと、グヘヘヘって笑うところが最高に怖い。
    キャバクラで左上の人が出てきたらケッとかペッとかですけど、右下の人が出てきたら鼻の下デロ~ンです。
    そんなもんです。ホントにスイマセン。

  3. すごいねーーー!!!
    ツボをちゃんと抑えてる。んでカンがいいんだねえ。適度ってのを心得てる気がする。
    私も最近ようやくわかったけど、お化粧たのしいねえ~^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。