アニメ映画を楽しみにしていた親子連れの目の前で「SAW 3D」が上映される

これはひどいにもほどがあるな!
アニメ映画を楽しみにしていた親子連れの目の前で「SAW 3D」が上映される : ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー
(画像、ソース:GIGAZINE

“whdh.comによると、ボストンの映画館でドリームワークスのアニメ映画「メガマインド」を見ようと集まった親子連れの前で、誤ってホラー映画「SAW 3D」が上映されてしまったそうです。”

“被害を受けた子どもたちには無料チケットが配られましたが、ドルフさんの息子は「しばらくは映画は見たくない」と言っているとのこと。”

あわわあわわ。
SAW、最初のはグロいながらもミステリとしても面白く観れたけど、2はほんとグロいだけとしか思えず3以降は見てないんですが、開始早々”ゲームが開始”されていてグロシーンだったようです…。しかも3D。ひいいい。
ソウ3 DTSエディション [DVD]ソウ3 DTSエディション [DVD]
出演:トビン・ベル
販売元:角川エンタテインメント
(2007-03-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

4 Replies to “アニメ映画を楽しみにしていた親子連れの目の前で「SAW 3D」が上映される”

  1. いやぁ…あれはダメでしょう(-“-;)大人なハズの私でもテレビでちょっと見ただけで無理でしたもん(-“-;)洋画ってホラーは邦画ほど怖くないのにグロいのは容赦ないですよね。

  2. そうですよね、ほんと>グロいのは容赦ない。
    日本的ホラーの怖さと、何か西洋の恐怖感って根本的に違う気がしますよね。ゲームをやってると特に感じます。洋ゲーってとにかく首とか腕とか足とかもげるの大好き、内臓や血しぶき飛び出るの大好きって感じで…。

  3. メガネなしで3Dテレビを観る画期的発明 (自前シャッター式)

    ウワアアアア。
    なんというこっち見んな。
    ■動画:メガネなしで3Dテレビを観る画期的発明 (自前シャッター式):engadget japanese
    オットくんが教えてくれました。
    大丈夫なのか?これ …

  4. 神山監督版サイボーグ009『009 RE:CYBORG』、3Dで観てきた(微量ネタバレ)

    やっと観てきました。面白かった。良い3Dでした。
    ■サイボーグ009公式サイト 009ing
    009 RE:CYBORG著者:神山 健治販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)(2012-11-10)販売元:Amazon.co.jp …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です