オットくんと羽虫

オットくんとレジの順番待ちをしていたら。
目の前を小さな羽虫がぷんぷんと飛んでいて。
オットくんがそれをじっと目で追っているので、
その虫は本当は存在しないのです。オットくんにしか見えていないんだよ。
とそっと小声で耳打ちしてみたら、
OT「!?Σ(゚ω ゚||;)
 いやいや、ちゃんといるよ?
 20匹くらい(゚ω ゚)」」


そんなにはいないよ!!一匹だよ!!
オットくんに何か面白いことを言おうとしても必ずなんというか下の句で負けます。
遠い太鼓 (講談社文庫)遠い太鼓 (講談社文庫)
著者:村上 春樹
販売元:講談社
発売日:1993-04-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

8 Replies to “オットくんと羽虫”

  1. はじめまして^^
    すこし前のジンジャーエールの記事に、リンクさせていただきました。
    ブログを始めたばかりでTBがよく分からないもので・・・しかも関係ない記事にコメント&報告ですみません
    とても面白い&参考になるブログですね~。
    これから過去の記事も読ませていただきます♪

  2. 下の句…!
    あひるさんの表現力には負けます。
    夫くんシリーズ大好きです。
    たまに自分の夫に読んで聞かせています!

  3. いつも仲のよろしい御夫婦ですね!
    あひるさんの周りの男性はみんなこのような
    ほのぼのキャラなのでしょうか…?

  4. きっとココロがオトナになっちまったら見えない
    フェアリーとかファンタジックプランクトン見えてンだよ。
    そんなときにはオウム返しよ!
    あー20いるのねーって!

  5. はじめまして、コメントありがとうございます^^
    トラックバックは、今回の場合私のジンジャーエール記事の(本文すぐ下)「トラックバックURL」と書かれているところをコピーします。
    そして、はぐさんがblog記事を書く時の編集画面に、「Trackback URL」を貼る部分があるはずなので(やはり本文を書き込む欄の下あたりだと思います)、そこにペーストします。
    こ、こんな説明でわかるでしょうか…。
    もしよかったら、ジンジャーエールを紹介してくださった記事で、試しにやってみてくださいね。一度投稿した記事でも、再編集してトラックバックを送ることができるはずです。
    ただ、blogサービスの相性か、よくわからないんですが手順は間違っていないのに届かない場合もけっこうあるんです…。無事届くといいのですが、あまり気にせずトライしてみてくださいませ^^

  6. ありがとうございます~。オットくんの発言って私が面白いだけかなと不安でしたが、blog上でも人気なのでほっとしています。

  7. あ、仲良いですかね?これ。ミズタマご夫妻もこんなでは?
    周りの男性、どうでしょう。オットくんの言動は学生時代から友人たちにも超人気なので、特殊なほのぼのなのかもしれません(??)。
    blog関係でも言動がいちいち面白すぎる人とか、でもあの人ほのぼのとは違うか(あの人って一人限定か)。

  8. オウム返しか!そうだった。タカ○マ先生の教えが。
    まだまだ精進が足りなかったわ。つい全力でつっこんでしまったわ。
    てかやっぱオットくんのココロはオトナじゃないのか(号泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です