リバティプリント春バッグ

リバティバッグ正面ミシン購入に踏み切る前のお話。
手持ちのカバンを手縫いでリメイクしてみました。春っぽいのがほしくて。


この布、実はたまたま買ったハンカチとまったく同じ花柄なの!そんなん見つけたら買うしかないでしょう!?
ホビーラホビーレで最初に見つけて飛びついたのですがちょっとしか買わなかったのでなかなか使えず。そんな時吉祥寺キンカ堂でなんとリバティ半額セールをやっており!そこでまたも出会ってしまったのでうっかり大量に買ってしまいました。
リバティバッグななめななめ図。サイドは水色にしてみました。スタバのタンブラー用に使ったりヨガマットケースに使ったりしたのと同じ布。
これと色違いのクリーム色も買っちゃった!そのうちお目にかけます。

shibafのSサイズがあまりに便利なので、この大きさでもうちょっと春らしい色が欲しいなあと思ったのです。持つのがラクなのでショルダーばっかりだったのですが、Aラインの春コートにショルダーがあんまり合わなくて。
でもゼロから作るのは手縫いじゃ厳しいし、と思って、手持ちのバッグを土台にして布を巻くことにしたのだ。
まっすぐ布を切ってまっすぐ縫っただけで、それを土台にずぽっとはめただけ。というかなり簡単リメイクです。
実は土台は、ハチクロトートだったりします!
リバティバッグ、ハチクロハチクロトート

ハチクロトートは外側にポケットいっぱいだけど内側にもほしかったなあ、と思っていたので、カバンをうりゃっと裏返して内ポケットということにしてしまった。
リバティバッグ中身かなりムリヤリですが。。

裏返したことにより、トートバッグらしい台形を形作っていた外付けのポケットのふくらみがなくなってしまったのでなんかまっすぐずどーんてかんじになっちゃった。
あと底のあたりの白い切り替えもなくなったので余計にずどーん感。これは、ミシンが届いたらちゃんと合う布を買ってきてどうにかしようかなと思っています。
遠目に見る分には綺麗に仕上がっているように見えるかもしれませんが、実物はなんか何となーく「手作りでがんばっちゃいました」的な雰囲気が漂っている。。ので、やはりミシンが届いたら何とかして既製品ぽい自然さに持っていきたいところ。持ち手の端が内側に隠れているのも意外に不自然なんですよ。ずどん感も助長させてるし。なのでミシンが届いたら、
・持ち手をほどいて外側につけ直す
・底の立ち上げを作る
・トートバッグ的な逆台形ラインにする
とかいうさらなる改造をほどこそうかと思ってますがそこまでやるなら土台いらなくなりそうです。
リバティバッグはしっこ布の端のところのLIBERTYの文字と色見本。布のこの部分大好きなので活用できて嬉しい♪

リバティバッグ底底にはボタン柄の、ちょっと厚手の布を当ててみました。でもこの布をそのまま立ち上げに使うと柄がうるさすぎるので無地のシンプルな生地でやるつもりです。

ハートをつけてあげて ハート 0

6 Replies to “リバティプリント春バッグ”

  1. すっごいステキ!
    shibafでも売っていそうな、ステキな布の組み合わせだし!!

  2. リバティプリントの布とサイドの色使いが非常に綺麗ですね。
    バッグは作る腕が無いんですが、こうすれば古くなった鞄も再利用できるのかと感心致しました。

  3. >シオリちゃん
    ありがとう~◎ 布の色柄はほんとステキ(手触りも良いの♪)なんだけど作りが雑なので。。ミシンが来たらもうちょっと丁寧に直してあげるつもり。

  4. >hollyさん
    ありがとうございます~。そうなんです、あんまり使っていなかったカバンを簡単リメイクしてみました。ゼロから作るのはすごく大変そうですが、「カバーを作る」という感覚なので簡単です。ぜひお試しください。

  5. リバティプリント春バッグ、最終形態

    三度目の正直。(一度目・二度目)
    どうにも納得いかなかったので、全部ほどいて結局ほとんどゼロから作り直してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です