メルボルンのカフェに飾られていた頭

これが最後のメルボルンネタになるかと思います。
メルボルンに到着して最初に入ったカフェが、かなりインパクトありました。
白くて広い壁一面に、点々と頭が飾られていたのです。
こんなふうに。


heads


これ、実はけっこうでっかいです。真ん中の頭が大人の頭くらいの大きさ。
こ、これは一体どういう主張なのかな….と10時間フライトで痺れた脳みそがなんだか釘付け。
しかも。
い、一番下の人。
heads-tired

なんか、諦めちゃってるよ!?
や、だから10時間フライトでスポンジみたいに思考能力がスカスカになってる脳みそにこんなものを見せられるとですね。
ばっちり目に焼き付いてしまい、旅の間中この顔がちらつきました。
何が言いたかったのかなー、これ。
*信号と私はこちら*

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です