世界の終わりとハッカーワンダーランド

真っ白な灰に。「全世界が泣いた!(笑いすぎで)」ドイツ発、各国で続々翻訳されたあるハッカーくんの大冒険だそうです。訳文調と全編に横たわるもの悲しさが村上春樹みたいでちょっとおしゃれ。


人に悪意を向けると、自分にはね返ってくるヨ?という教訓がこれ以上ないくらいダイレクトかつ現代的に綴られています。
読み始める前に
私のようにぱしょこんのぱの字もカタカナで書けないくらいわかってなくても楽しめるように基礎情報。
「127.0.0.1」とは、”自分が”使っているコンピュータのIPアドレスを指すのだそうです。
そりではこちら。
呟きの館:おろかなハッカーの記録
・・・・・・・。
この人犯罪に向いてなさ過ぎです。
「あんたいくつ?」
「26だ!」
正直すぎ(たぶんほんとですよねコレ)。
聞かれたことつるっと答えちゃって…。迷子かよ!
いやあ何というか・・・。
やれやれ。

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です