ドラマ『昭和元禄落語心中』、回想シーンに二ツ目の落語家さん柳家緑助さん

録りだめた『昭和元禄落語心中』をやっと見ていたら、回想シーンで明らかにこれプロの落語家さんだよね?という方が出てらしたので検索。

平田満さん演じる七代目八雲が、病床で菊比古(岡田将生さん、アニメ版では石田彰さん)に語る若き日の苦い思い出、のシーンで、先代助六役としてちらっと落語を披露する場面があったのですが、滅法うまい…明らかにプロの仕事。

調べたらやっぱり二ツ目の落語家さん、柳家緑助さんだそうです。
ご本人さんがアップされてました!



アニメも面白かったですが、ドラマも面白いなー。まだ最終回まで見れてないので楽しみです。
しかし漫画やアニメのドラマ化って、よしながふみ『大奥』の時も思いましたがうまくできていればいるほど、生身の人間たちが演じているのを見ると辛い場面の辛さがダイレクトに辛くて、辛い気持ちに…(語彙がなさすぎる)。きっとこれも最終回の方とかそうなんだろうな…。

関連リンク
こんな記事もありました!あのずんずん調査のホリイさん!
ドラマ『昭和元禄落語心中』が描く落語家の「凄まじい色気」(堀井 憲一郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

昭和元禄落語心中 – Wikipedia
昭和元禄落語心中 | NHK ドラマ10




ハートをつける ハート 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です