先日の温泉ですが、真っ裸で男性もいるエリアに飛び出すところでした。

わざわざ追記するほどのことなのか?と思わないでもないですが、先日参加したサントリーイベント「浴衣 de リッキーナイト IN 大江戸温泉物語」でヤバかったこと。
この手の失敗よくあるので忘れてたのですが、思い出しちゃったので書いておきます。
真っ裸で男性もいるエリアに飛び出すところでした。
真っ裸でと書いてまっぱで。
マジやばかった。どっと脂汗かきました。
あの、あそこ難しいんですよ作法が!


まず普通に服を着た状態でチェックインして、館内着である浴衣を受け取り、その後大きく「男」、「女」と書かれたのれんをくぐって、男女分かれたお風呂の脱衣場的エリアに入るんですね。ロッカーがずらりと並んでて。
その時点でもうすぐお風呂かと思って、とりあえずそこでするするとまっぱになってシャンプーと細長いタオルだけ持って、次のエリアへののれんをくぐろうとしたんですよ。
そうそうこんなかんじで↓
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
(2009-11-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これでマジのれんに手をかけるくらいの距離まで肉薄。
したら、のれんのすきまからお土産物やさんの商品陳列棚とか見える。なんか薄暗いし、賑やかな縁日っぽい声とか聞こえるし。明らかにお風呂じゃない雰囲気。
そうなんです。
チェックイン→更衣室で浴衣に着替える→男女共有の浴衣エリア→その先に脱衣場があり温泉がある。
という構造になっていたようなのです。
慌てて引っ込んでロッカーに駆け戻ったのですが、そもそもこの女子更衣室でまっぱになってる人いねえ。みんな館内着の浴衣着てる。
でもさ!温泉来て男女分かれたのれんくぐったら服脱ぐじゃん!日本人の(もしくはローマ人にも)DNAに書かれてるでしょばっちりそうやって!脱げって!
しかし危なかった。あのお土産物やさんのあたりに男性がいたら、もしくは向こうから入ってくる女性がぱっとのれんをめくったら、一人はだかんぼ祭りが開催されるところでした。
私みたいな注意力散漫な人間のために、もうちょっとあちこちにお札のように「この先には男性もいます!」「ちょっと待ってその裸!!」とか書いておいてほしかったです。それとも書かれてたの?あれに気づかないってどんだけレベルで?
まあ私ももう20年も若ければ床を転げ回るほど恥ずかしかっただろうけど今さら別に見られてたとしてもむしろすいませんくらいで。みんな色とりどりの浴衣なのに一人まっぱってエロというよりなんか国道に迷い出てきた鹿か何かみたいに場違いでぎょっとされそうですし。
私だけかもしれませんが、一応皆さんも大江戸温泉物語に行くことがあったら気をつけてください。遺伝子に操られないように。
 ——————–
お台場 大江戸温泉物語について。
現在8周年キャンペーンでいろいろ値下げされてるんですね。館内着の浴衣で中をうろうろして、お風呂は男女別。足湯は男女一緒に楽しめるそうです。
系列店の浦安万華鏡にも一度行ったことがあるのですが、こちらはいわゆる水着スパがあり、男女一緒に水着で温泉につかれます。しかも露天で、広い敷地にいろんな趣向のお風呂があって、かなり気持ちよくて楽しい施設でした。ちょうど今の暑い季節だけでなく、秋口の肌寒い季節にも水着で遊べるのが面白い。おすすめです。
利己的な遺伝子 <増補新装版>利己的な遺伝子 増補新装版
著者:リチャード・ドーキンス
販売元:紀伊國屋書店
(2006-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です