RICOH GX100 買ったんです。素敵です。

GX100ようやくデジカメの話。買ったんですRICOH GX100。
広角24mm!
さらに1cmの接写も可能!

スラバシ!スバラシ!(なぜカタコト)

αaward、ヒルズαaward、花

このように景色を撮るのにもよい構図を取れるし、接写がしやすいのも嬉しいです。
たぶん私があれこれいうよりもう皆さんのほうが詳しいと思われ(実際友人知人に見せたけどみんな私より詳しかったです)。


みんな勝手に設定いじるわ(そして戻せなくなる自分情けなし)自分のカメラ出してきて撮り比べるわいろいろ解説聞かせてくれるわ(でもむつかしくてよくわかんない)ってそれはいいとして。
Caplio GX100(Ricoh Japan)
公式サイト。
買ってから気づいたのですが、blog関連の身の回りの方々がみんなして買っててびっくり。
やっぱり「Caplio GX100」はいいな、と思う。(ネタフル)
この記事一本だけでなくものすごくたくさん書いておられます(リンク先最後にリンク集あり)。すごい情報量。読んでお勉強しよう~。
GX100にした理由(つんどらの会)
ワイン会でお会いしたつんどらさんも!食べ物の写真をどアップで撮ると面白いですね。マネして撮ってみたりしました~。
GX100、れんこんと牛肉炒めGX100、オイルサーディン

あんまりどアップじゃない。。(´・ω・`)。どアップのために近づくと自分やカメラの影が入っちゃうんですよね。。そういう時はズームで撮るといいのかもしれないけどそうすると手ブレがきつくなるというかピントが甘くなりがちな気がする。気のせい?
GR DIGITAL 2、絶賛絶賛大絶賛!(みたいもん)
こちらはGX100でなく、GRのほう。
年末の集まりで、GX100が二台、GRD2が一台揃ったことがありましたがお揃いだ~って言ったらいしたにさんに「ズームがついてるのなんかと一緒にするなっ」と怒らりました。
りこーかめら3台リコーのカメラが3台も。。(この写真を撮影してるのが私のGX100ですので)
マニアしか買わないカメラじゃなかったのか。なのに8人中3人がリコーってどうなのか。

初めて持ち出したのはアルファブロガーアワードの時だったのですが、その時ぱちぱち試し撮りしてたら「あっそれはリコーのアレじゃないですか!?」と声をかけてくださったのが堀さん。きけばデジカメ遍歴が似すぎているではないですか。
・PanasonicのLumix初代を、世界初(当時)の手ブレ補正機能に飛びつくようにして買った。
・でももっと接写と室内に強いカメラがほしくて、GX100のことがとっても気になっている。
そうそうそう!そうなんですよ~考えてることが一緒ですw うちの場合はLumix初代の次にLumix DMC-FX8を買って2年余り使いましたが、もし堀さんがGX100を購入する決意をされたらきっと、Lumix初代からGX100へのジャンプはとんでもない進化で大感激すること間違いなしではないかと思います。Lumix8からの移行でも相当ステキなものを感じていますもの。
GX100の良さを、おりこうじゃない私なりにがんばって説明してみようかと思います。
RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT
あamazonでデジカメも買えるのか!

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “RICOH GX100 買ったんです。素敵です。”

  1. リコーGX200には別売りの自動開閉レンズキャップが!

    友人から入電したのでオットと二人で競うように検索してみた。
    ■リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」 (デジカメWatch)
    【新たに、レンズの繰り出しに連動して開閉するレンズキャップ「LC-1」(1,680円)を追加する。】
    なぬう。どんなの?GX10…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です