江ノ島と牛乳(江ノ島その2)【追記あり】

つめい牛乳おばあちゃんが店番をしている、参道途中のフィルムやさんでビン牛乳が売られていたのですが。


つめい牛乳up
「冷い牛乳」。


これだけでもゆるくて笑えるのですが!
おととしの秋に行った時はね!?
ぬくい牛乳

「温い牛乳」だったのよ!?
ぬくい牛乳つめい牛乳up

帰ったらこうやって並べて貼ろうとどきをむねむねさせながらシャッターを切りました。
こういうことがあるとblogをやっていて(もしくはlogに載せていて)本当によかったと心から思います。blogの神様を感じる瞬間。
ところでどっちも何て読むのー!?
【追記07/6/8 23:30】
コメント欄に読み方が投稿されました。
「ぬくい」と「ひやい」
なるほどー!!
「監督不行届で監督君が「海がひやーい」って言ってた」
言ってた言ってた!!

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “江ノ島と牛乳(江ノ島その2)【追記あり】”

  1. ひさしぶー。
    あれ?読み方わかんない?
    「ぬくい」と「ひやい」でしょ。
    これって方言か?
    そういえば監督不行届で監督君が「海がひやーい」って言ってたのを「山口の方言」とか注釈がはいってたけど、でもそこは江ノ島ですよね?

  2. >ぷー
    おー!久しぶり!
    >「ぬくい」と「ひやい」でしょ。
    >そういえば監督不行届で監督君が
    >「海がひやーい」って言ってた
    いってた!いってたねえ!!大変わかりやすい事例をありがとう。
    >「山口の方言」とか注釈がはいってたけど、
    >でもそこは江ノ島ですよね?
    そうです江ノ島です。じゃあ店のおばあちゃんが山口出身のかたなのだな。

  3. COLD – C =

    ふと思い出して、古い写真を引っ張り出してみました。
    4年くらい前に旅先で撮影したものです。
    こんな自販機はいやだ。

  4. コーンポタージュが気安く飲めなくなった

    できればコンポタを吹きたいところでしたが季節はずれの水出し緑茶吹いた。
    ■コーンポタージュが気安く飲めなくなった(ネタ元:clione clitiques)
    こういう瞬発力のあるネタは清々しいなあ。

  5. 庵野秀明「できっこないよ!こんなの演れるわけないよ!!」その他ジブリ話あれこれ

    ■庵野秀明「できっこないよ!こんなの演れるわけないよ!!」 → 宮崎駿「演るなら早くしろ・・・でなければ帰れ」 : アドホックニュース21
    さっき初めて見てむちゃくちゃ笑った。 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です