セクシーボイスアンドロボ、ドラマ見てみた

不安と疑念をぽろぽろ漏らしたのちに見てみた。
うん、まあ、なかなかがんばっているかんじで好感が持てました。


セクシーボイスアンドロボ(日テレ)
毎週火曜22:00~。
しかしオープニングで黒田硫黄の絵がアニメってかCGってか紙人形劇ふうに動いてるのを見た日には全編これで作ってくれと魂が叫んだけども。
この人の絵が好きなんだなあ私。いや、あれだけいっといて正直どこが好きなのかよくわかってなかったんだけども。

原作の無常観みたいなものも、きっちり語ろうとしてくれてるかんじの脚本だったと思います。
第一話は記憶がもたない殺し屋”三日坊主”の話だったのですが、原作では最後、当然口封じのために三日坊主は消されてしまいます(殺し屋ですからね、大抵のフィクションでは改心しても無事では済まない)。
そこをどうするつもりかしらと見ていたら、ちゃんと原作通り爆死。しかもほんとに原作のまま、かなり非現実的な、びっくり箱を開けたみたいな紙吹雪とともに。
テレビだからってマイルドに、あんまりひとしにが出ないように変えちゃうものって多いじゃないですか。
でもここを変えてしまうとセクシーボイス~のテーマ(ってなんだかはよくわかんないけど)は描き出せないし、紙吹雪の爆死という方法を変えてしまっても黒田硫黄らしさは薄まってしまうだろうなあ、と思っていたら。そのまんまやってくれた。
んー。がんばってくれてるなあ。
あと、ニコちゃんがイイ。ニコちゃん役の女の子の演技が。特に発声の仕方が好きですね。必死に叫ぶ時のトーンがいい。ニコ役だけにやはり声が光る役者さんを選んだのかなと思いました。コードネームはセクシーボイスってくらいだものね。
あとですね、極個人的にわしづかまれたのが。
ロケ地:西荻。
ちょ(;*´´Д“*)もうダメ見る。毎週見る。西荻大好き住みたい町ナンバーワン(自分的に)(ていうかそこら辺で生まれ育ったくせになぜこんなミーハー的に好きなのか謎)。
テンポもいいし、全体的に悪くないドラマだと思います。
正直それでも別に何もセクシーボイス~の名前を使わなくてもよかったんじゃないかとか思わないでもないんですが。これだけきっちり世界観とか言いたいことを描けるのなら、何も既存の完成されたものの名を冠さなくても。ネームバリューになるような有名作でもないし。てかどマイナー。
どうしてもニコとロボのキャラじゃないとダメってほどの説得力はまだ第一話だけでは感じられなかったというか。
まあでも、そういうものなのかしら。インスピレーションをもらったということかな。
とりあえず原作の空気を大事にしようとしてくれてるのはわかったので、今後も見てみようと思います。第二話は今夜放送。

ハートをつけてあげて ハート 0

4 Replies to “セクシーボイスアンドロボ、ドラマ見てみた”

  1. 私も1話みたよ。
    原作は知らないのでなんともいえませんが、
    松ケンさんはほんとにいい味だす人ですね。
    西荻だし、高円寺だし。むんむんです♪

  2. >ゆいな
    おお!高円寺も入ってるかあ!気づかなかった。やりますなあスタッフ。
    >松ケンさんはほんとにいい味だす人ですね。
    うん、いい味でてたw ポスターも街にたくさん貼ってあっていい味。

  3. 茄子2 スーツケースの渡り鳥 DVD10月24日発売

    茄子 スーツケースの渡り鳥 コレクターズ・エディション
    あらっ全然知らなかった!
    【出演: 大泉洋;山寺宏一;坂本真綾 監督: 高坂希太郎
    発売予定日は2007年10月24日です。】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です