♪のみたりない、のみたりない(やわらか戦車風に)

珍しくぼそぼそひとりごとでも載せてみます。
なぜでしょう、先日吉祥寺で飲んだ時は非常に満ち足りた気持ちになったのに。
今夜渋谷で飲んで足りなくて、自分の駅に帰ってきても一杯引っかけたのに(正確には二杯)、まだ足りん・・・。


オットくんが急な泊まり仕事でいない夜だとわかっているので、うちに帰っても誰もいないと思うからまだまだ飲める気がするのだろうか。でももうどこもしまってるんだよ近所は!
もうちょい若ければ隣駅までチャリこいでやってそうなとこ行ってみるんだけどな(隣駅に住んでたこともあるので心当たりがある。確実に開いてるかどうかは不明)。
でもさすがにそこまでするのもな。そして家で1人で飲むのもなあ。。。(´・ω・`)
地方都市に住んでた頃は職場から家に帰るまでのチャリ5分の道のりにすげえいかすバーがあったのでほんと破産寸前でしたわ。一年かけて貯めた貯金を次の一年でそこにつぎ込み果たしました。あひです。いやあほです。いやもういいですあひで。
それに比べれば飲まなくなったよなあ。弱くなったとも思うんだけどなんで今夜はこんなに飲み足りないのかしら。ねえ?
でもね、外で飲むのも微妙なの。読書するのが好きなんですよねバーで。別に話がしたくて行くわけじゃないの。だったら家で飲んでろって、だってバーという空間が好きなのよう。お酒いっぱい並んでて薄暗くて洒落た音楽流れてて、人の話し声とバーテンダーさんの立ち働く雰囲気。あれが集中できていいのよう。
でも閉店間際にカウンターがお一人様の常連さんたちだけになっちゃったりしたら、やっぱずっと本読んでるのってシツレイ?とかも思うんだけどあんまりしゃべっちゃうと次から行きづらくなりませんか?次行った時話しないといけなくなっちゃうでしょ?それで足が遠のいちゃったすげえ近所の素敵バーがあるのよう。素敵さのあまりはしゃいでしゃべりすぎて(´。ω 。`)(←ここがいけない)。そこにもさっき2年振りとかに行ってみたけどもう閉まってたよう(←AM2:00にさまよいすぎ)。
まあそうやってふらふらするのも家人がいない時のさらに何割かなので、数少ないんですけどね。今後どれだけそういう勝手気ままな行動が取れるかとか思うとちょっと焦ってしまったり。
以上、ひとりごとでしたー。
どうでしょう、わかってくださいますか。

ハートをつけてあげて ハート 0

7 Replies to “♪のみたりない、のみたりない(やわらか戦車風に)”

  1. なんかわかる気がするー。(´・ω・`)
    バーで、ほっとくんじゃなくて、そっとしておいて欲しいときってあるよね。でも、そういうアンニュイな感じをよろしくないとして、バーテンダーさんが気遣って話しかけてきてくれたり。。。
    おいしいお酒と存在を許された空間だけで満足なんだけどな。
    自分にとってそういう居心地のいい場所が年々減っているような気がするの。これが歳を重ねるということなら、ちょっと悲しい。
    かといって、そういう場所をキープできるほどに通いつめる時間と財力は、ちょっとないかも。
    気持ちが満足しないと、なんか飲み足りない気分になっちゃうよねー。
    ・・・なんかまとまりのない文章でごめんね。(>_<)

  2. あひるしゃん、オトナー!!
    喫茶店で本を読むのはよくやるんだけど、
    バーなんて、私行ったことないもの!
    しかも、バーで読書をするあひるしゃん、すごく絵になる!
    あひるしゃんが夜の街をさまよっていたころ、
    私は爆睡中だわ。ガアガア

  3. >memy
    >・・・なんかまとまりのない文章でごめんね。(>_<) いや、ちょーわかってくれてる感!(>口<)ありがと~。 >バーテンダーさんが気遣って話しかけてきてくれたり。 そうなんだよね、気を遣ってくれてる(向こうもそれが仕事)ので、こちらも嫌なわけじゃないんだけどね、むむむ。 あ、こないだ偶然だけどカウンターが塞がってて、1人テーブル席に座ったらすごく落ち着いていられたよ!「混んでくるまでテーブルでもいいですか...?」ってオススメ★バーといえばカウンターって先入観があったけど(^^;) >自分にとってそういう居心地のいい場所が年々減っている >これが歳を重ねるということなら、ちょっと悲しい。 いや、むしろ年齢が上がればもっと居心地よくなるかも!どっしり構えて。貫禄ついて?10年20年後に期待しましょう。 続く。

  4. (続き)
    >memy
    >そういう場所をキープできるほどに通いつめる時間と財力
    そう!!(;口;)それがまたネックなんだよねえ;
    でもさ、それも含めて、自分のペースで顔を出してそれで居心地良くいさせてくれるお店、っていうのが自分にとって相性のよいお店なんだよね。
    「行きたいけどお金なくて行けない」ならいいけど、「お金ないけど行かなきゃ…( ゚ω ゚;)」ってのはね、本末転倒?(昔そう思ってたけどさ^^;)
    お互い運命のバーを探して…まったりやろ~(^▽^)

  5. >シオリちゃん
    >あひるしゃん、オトナー!!
    >喫茶店で本を読むのはよくやるんだけど、
    いやいや、たぶんまず「1人でお店に入れるかどうか」の差があって、その点シオリちゃんも一緒だと思うよ。私がバーなのは単に酒好きだから(爆)オトナとかじゃなく~(^^)ありがとう。
    >しかも、バーで読書をするあひるしゃん、すごく絵になる!
    あほんと?ありがとう~。いや~正直浮いてるんじゃないかと思うとちょっと申し訳ないんだけどねお店に;自分は好きでやってるんだけどそんな人見たことないし….変な客かなあと。なるべく邪魔にならないように隅っこにいます(´。ω 。`)

  6. シオリさんの言う通り、バーで読書するあひるちゃんはとっても絵になっててダイスキでしたいや、あひるちゃんのことは今もダイスキですが。(* ̄▽ ̄*)
    自分のペースで通える、っていうのは大切なポイントかもね。私も顔を出すことが義務?的に感じちゃってからはツラく感じることもあったし。。。それでも大好きな場所だったけど。
    なんて書いてると、またおいしいお酒が飲みたくなっちゃうんだよね。。(^ー^;
    本当に、お互いステキなバーに巡り会えるといいね☆

  7. >memy
    >シオリさんの言う通り、
    うにゃん(*´Д`*)◎
    >自分のペースで通える、っていうのは大切なポイントかもね
    ね。それには”自分のペースを把握する”ことも大事だよね~。義務になっちゃってた頃って、私なんかは結局自分でペースを乱してたわけで。勝手につらくなって遠ざかってって…(もちろんお店の応対の仕方に寄るところもあるけれど)。
    お店と距離を縮めすぎずに、上手に付き合えるようになりたいなと思ったよ。今は少しわかってきたのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です