Cocco

『Heaven’s hell』というDVD、Coccoの引退直後からの「ゴミゼロ大作戦」活動の話、小鳥ピヨピヨで取り上げられていて初めて知りました。うう、順番に読んでいって最後のほうの写真には胸が熱くなりました。
それでは私は、いつか載せたいな、とストックしていたCoccoの引退直前の話を。


引退後にTVでやっていたCocco密着、みたいな番組があったのですが、こちらはどうもDVD化などされていないようす(ぜひともしてほしいのですが….もう一度観たい)。なので、一番鮮明に印象に残っているところを少し説明させて下さい。
当時結果的にラストライブとなったライブでの最期の曲と、直前のMCで彼女がとつとつと語っていたこと。(大筋は合っていると思いますが正確ではないので、ビデオで持っている、鮮明に覚えている、などのかた細かいニュアンスを教えて下さると嬉しいです。)
自分は何の取り柄もない、目立たない女です。スーパーの前で自転車の列を倒して1人で一生懸命直していても誰も助けてくれない、そんな女です。
そんな自分が最近楽しい。
一緒に音楽をやっているスタッフや、こうして聴いてくれるみんながいて、幸せに感じてしまう。

そんなことを言うので、聴衆としてはわあっと拍手で盛り上がるわけです。
そうして始まる『羽根~lay down my arms~』のイントロ。
高く澄み渡る空を思わせる綺麗で荘厳なあの曲を最後まで歌い上げた彼女が、あとは後奏を残すのみとなったステージでぼろぼろと泣きながらマイクを掲げ、その手をぶるぶると震わしながら床に下ろし、置かれたマイクに視線は釘付けのまま両手で口元を押さえ、半歩後ずさったかと思うと舞台袖へ走り去ってしまいます。
そのまま引退。
本当に衝撃的です。
Coccoのアルバムを、昔の分も含めて聴いたのは実は最近です。だからディープなファンには今さらかもしれませんが、まとめて聴いてみて次のように思いました。
シングルカットされた曲だけを聴いてももちろん痛々しいのですが、アルバムの片隅にこそっとある弾き語りのようなシンプルで静かな曲たちの、何という不憫さ。
例えがストレートすぎるしれませんが、小さな子供が膝とぬいぐるみを抱えて部屋の隅っこでうずくまって震えているようなイメージなんですよ。誰にもぶたれないように。誰と誰の怒鳴り声も聞こえないように。
そんな彼女だから、幸せとか、嬉しい気持ち、受け容れられることが怖いのだろうか。だから逃げてしまうのかな。
だとしたら、何てかなしいことだろう。
や、深読みしすぎで、単に「TVに引っぱり出されるのがいやだ」と言っていた通りなのかも。どちらにしても沖縄に帰って静かな生活をして、それが彼女にとって幸せならそれがいいのだろう、と思っていました。
だから『ばらいろポップ』を聴いた時には、とても嬉しかったです。今までにないくらい、楽しそうで、明るいんですよね。トーンが。
SINGER SONGER『ばらいろポップ』
鈴木祥子の時にも書きましたが、痛々しい歌を痛々しく歌う時期を、彼女も通り過ぎることができたのかな、と思うと嬉しかったのです。
こういう場合、痛々しさがむき出しだった頃を好きな人たちは新しい緩やかな曲を否定しがちなのですが(橘いずみの『TOUGH』もそうだったな)、私は本人たちがそれでいいのならいいよ、と思います。泣き叫ぶ姿より、にこにこ笑ってるのを見たいじゃない。
彼女の声がとても好きなので、歌うことで自分を癒せるのなら、それを聴かせてもらえるのなら願ってもないことです。どんどん癒していってほしいなあ、と思っていたのですが、そうか沖縄の海まで癒そうとして、それに成功していたなんて。
すごいなあ。
『音速パンチ (初回限定盤DVD付)』
新曲も明るめみたい。楽しみ。
*追記’06/1/8*ネタフルさんがトラバくれたよ、というお話に続く。blogの醍醐味、トラバの真骨頂。

ハートをつける ハート 0

“Cocco” への7件の返信

  1. Coccoのドキュメンタリー

    小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird): Coccoの「ゴミゼロ大作戦」を観たというエントリーより。 数年前のNEWS 23で見た人もいるかもしれませんが、それの完全版です。映像は、Coccoが歌手を辞めた翌日から「ゴミゼロ大作戦」に至るまでの軌跡を、丹念に追っていきます。Coc…

  2. ちょっと書き足しときました。この記事との連動性がより高まるように。

  3. >いちるさん
    おおっなんてことでしょ。ありがとうございます。
    これこれ!これがこっこの言葉です!

  4. Coccoに男の子

    あらまあそうだったの。
    ざっとニュースや掲示板など見たところ、祝福など温かい声が多いので嬉しいな。
    ■母だったCocco、8歳長男と歌う(日刊スポーツ)

  5. ばらいろポップ/SINGER SONGER(Coccoほか)

    今、スペースシャワーTVで「春・桜ソング」特集とやらで、SINGER SONGERの「初花凛々」が流れてました。
    「初花凛々」は大好きな曲の一つ。
    確か、CD屋でこの曲のPVが流れていて、イイ曲だなあと思ってアルバム「ばらいろポップ」を購入したんだっけか。
    私の中のCocc…

  6. Coccoとジュゴンと辺野古基地移設

    ■YouTube – Cocco The hill of Dugongs(「ジュゴンの見える丘」)Special video English version
    たまたま訪れた高岡由美子さんのブログで知りました。
    Coccoの語り口って、ほんと入り込んでくるなあ。揺さぶられます。
    以下は過去の関連記事など、ほとんど…

  7. Cocco 2001年の活動休止直後のドキュメンタリー特番

    わああ!!
    前にblogに書いた、Coccoが2001年に活動休止した時の、直前のライブの様子などをまとめたテレビ朝日の特番が!!
    ずっと探してた!もう一度観たかった!!
    ■YouTube – Cocco 活 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です